特典はオートサロンのチケットの抽選券。オートサロン会場で献血をしてみました

特典はオートサロンのチケットの抽選券。オートサロン会場で献血をしてみました

特典はオートサロンのチケットの抽選券。オートサロン会場で献血をしてみましたの画像

●会場らしい献血ブース、特典はオートサロンのチケットの「抽選券」
今年も大勢の人が来場しているオートサロン。そんなオートサロンの会場で献血ができるのをご存知でしょうか。

じつは、私は努めて献血をするようにしています。自動車ライターをしているから、というよりも一人のドライバーとして、いつ輸血のお世話にならないとも限らないから。

また、どれだけ注意したところで、事故に遭うかもしれませんし、病気を患ってしまうかもしれない。そうして考えると、いつまでも献血することさえできない可能性もあるのです。献血できることは喜びです。

実はここ数年、毎年取材で訪れるており、オートサロンの会場に献血コーナーが設けられているのは知っていました。しかし実際にここで献血したことはありませんでした。時間がなかったというのが本当のところかもしれません。今回はちょうど、会場で取材をしてからプレスルームに戻る途中で、献血を実施している部屋の前を通ったこともあり、献血をしてみることにしました。

【オートサロンの一角がさながら献血センターに】
しかし、いざ手続きをしようとした際、献血カードをクルマに忘れてきてしまったことにきがつきました。

これは困った、と思って受付の方に伺うと「献血を何回もされていて、献血クラブに登録されている方であれば、お名前と生年月日だけで手続きできますよ。」とのこと。80回を超えている小生。今回で82回目を数えるはずです。

献血クラブに登録をしていると、血液検査の結果や、献血関連の様々なイベント情報などを送ってくれます。ですので、メール会員登録もしている筆者、受付で名前と生年月日を記入すると簡単に手続きができました。受付を済ますとファイルを渡され部屋の中で検査と問診を待ちます。

ファイルの中には諸々注意事項と、持っている人は献血カードを提出しその外側のホルダーに入れておきます。そして当日の血液検査結果などを登録するICカードも一緒に入れる部分がついています。このファイルを最後まで持って歩くことで間違いなく私の献血が管理されて行く仕組みになっているのです。

はじめに「今だとかなり待っているので一時間くらいかかるかもしれません」と受付で言われました。確かに待合室に進むと、10人以上が担当者の前で血液検査を受けることになっていました。ここで血液の濃度などをチェックするのです。それでも、これが済むまで20分弱でした。

通常各県には献血センターがあり、そこにある設備はかなり最新鋭のものです。筆者が献血が行うのは通常そういった血液センターがメインでした。衛生的かつ、献血者の体への負担も小さくする工夫がなされています。けれども、駅前やイベント会場で通常献血をする場合は献血バスや、それに類するシンプルな設備である場合が多かったものです。

今回も千葉県赤十字血液センターから出張部隊が行っていましたので、確かに見慣れた設備よりはシンプルで華奢な印象の機材が部屋の中に並んでいました。しかし、驚いたことに、献血センターで受ける時と変わらない性能をどれも有していたのでした。横になるベッドはアルミパイプを組み立てたものだったりもするので、見た目はやや華奢ですが、幕張メッセの一角にさながら献血センターができたようでした。
【献血ができるのは健康な証】
比重も濃さも大丈夫。医師の問診、血圧脈拍も問題なく「400mlをいただきます。」と言われました。北ホールに行ったり来たりしていましたのでやや脈拍が高めでした。事情を話したところ「やや高めですが、献血をお断りしなくてはならないほどではありません」とのことでした。

しかしここで気になったのは、私より先に検査をしている人の中で結構少なくない人数が、血液の濃さなどが基準に足りず献血できずに途中で出口へ向かったいたことでした。検査をしてくれた担当の看護師さんに聞いたところ「結構少なくないんです。小柄な女性などは特に基準に足りずにお断りするケースがあるのです。」とのことでした。

確かに血液を提供してもらってもそこで倒れられては元も子もありません。そんな話を聞くと一層無事で健康で何よりだなと思ったりしたものでした。
【オートサロンを観られずに働いている人たちに感謝】
医師の問診が終わると、タイミングよくすぐに献血を始めてくれることになりました。スタッフの方は明るい方が多いようですね。こうしたイベント会場に来る方はそういう方が多いのでしょうか。私の担当をしてくださったスタッフは男性の方でした。腕を消毒、準備する間いろんな話をしてくれました。

「10年くらい毎年オートサロン来ていますが、いつもここなので、全然観られないんですよね、イベント自体は。終わった後で、コンビニで売っているダイジェスト版を読んだり、ネットで観たりして『こんなのが出ていたのか!』とかチェックするのですが。まあ、音があまり漏れ聞こえないのはせめてもの救いですが。でも、しっかり水分を取ってくださいね。脱水で倒れてしまったら、献血するくらいしかなすすべがありません。ですから歩き回った後は必ず水分補給をお忘れなく」トークが軽妙な方でした。

会場にはオートサロンが観られないで仕事をしてくださっている方が大勢いるから、楽しく見学できることを、この話を聞いて改めて実感しました。こういう皆さんには感謝ですね。
【採血時間自体は10分から20分程度。オートサロンでのメインイベントはここから】
そんな軽妙なトークのスタッフの方、いざ消毒液が乾いて針を刺すと、表面の皮膚には全く痛みを感じないほどスムースに針を腕に差し込みました。これは個人差がありますが、採決がスタートすると所要時間自体は20分くらいです。私はいつもそうなのですが、言われた所要時間よりも早めで、ほんの10分程度で終了です。

毎度のことですが思わず「速いな!」と口を突いて出居てしまいました。受付でもらったファイルを入り口に戻して終了、ではないですね、今回は。これからがメインイベントなんですから。

採血が終了して最後の血圧・脈拍測定の後、いつものように「ゆっくり休んでいってくださいね」と言われます。隣に設けられた休憩スペースに行くと、ジュースやお菓子が置いてあります。そこで休んでいる間に、献血カードや粗品を持ってきてくれて、献血は終了です。

が、今回はさらに小さな紙を渡されます。「応募用紙」です。ここに名前住所を書いて応募すると、抽選で2020年の東京オートサロン入場チケットがもらえるというもの。献血は粗品が充実していますが、オートサロン会場での献血では「抽選でオートサロンの入場券がもらえる」でした。

ここまで、所要時間は「1時間」ほどでした。午後3時過ぎ、一番休憩する人も多い時間帯で「休憩代わりに献血」という人も多かろうという時間帯、一番混み合うであろう時間でこんなものです。飲み物もあるし、一休みにはちょうどいいかもしれませんね。

オートサロンがクルマ好きの年始のイベント、であるならば、今年も大きな事故もなく、元気で

過ごせてよかった。また一年注意して過ごしていこう、という節目の意味も含めて、献血をしてみるというのもいいのかもしれませんね。オートサロンのチケット、当たるといいなあ(笑)

(中込健太郎)

特典はオートサロンのチケットの抽選券。オートサロン会場で献血をしてみました(http://clicccar.com/2019/01/13/683332/)

【関連記事】【GODDRIDE日本レースクイーン大賞2018】2018年最高のレースクイーンは林紗久羅さんに決定!まさしくキュートだ!ドリフトエンジェルス【東京オートサロン2019美女めぐり・その1】全高3m!? まさに「モンスタージムニー」。世界イチ高いジムニーを製作したR31ハウス【東京オートサロン2019】