【デトロイトモーターショー2019】トヨタ新型スープラがワールドプレミア。FR&2シーター、直列6気筒と直列4気筒エンジンを設定

【デトロイトモーターショー2019】トヨタ新型スープラがワールドプレミア。FR&2シーター、直列6気筒と直列4気筒エンジンを設定

【デトロイトモーターショー2019】トヨタ新型スープラがワールドプレミア。FR&2シーター、直列6気筒と直列4気筒エンジンを設定の画像

●ついに復活した新型トヨタ・スープラ。その詳細をチェック
2019年の東京オートサロンでもカモフラージュ柄のプロトタイプが注目の的だった、新型トヨタ・スープラ。トヨタは、1月14日、デトロイトモーターショーで新型スープラを世界初披露しました。

なお、日本での発売は2019年春頃を予定しています。新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racingによるスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデルという位置づけです。

5代目になる新型スープラは、2002年に生産終了してから17年ぶりの復活。初代スープラが1978年に誕生して以降、すべての世代で直列6気筒エンジンを積んだFR車という共通項があり、新型でもこの2つが継承されています。新型はさらに、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現したとしています。

ホイールベースは、2シーターに割り切ることでトヨタ86よりも100mm短い2470mmを実現し、ハンドリングへの期待が高まります。これにより、ホイールベースとトレッドの比は1.55で、ほかの量産スポーツカーと比較してもトップレベルの小さい数値で、トヨタは優れた回頭性に寄与するとしています。

重心高にも徹底的にこだわり、水平対向エンジンを搭載した86よりもさらに低い重心高を実現。コーナリング性能にとって重要な要素の1つである前後重量バランスについても、理想とされる「50:50」の配分を達成したとしています。

デザインコンセプトは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」で、Condensedは「凝縮された」、Extremeは「過激な」という意味。外観は、ショートホイールベースと大径タイヤによりタイヤの存在を強調するサイドビューパッケージに加えて、2シーターらしいタイトなキャビンと、ワイドトレッドからなるスーパーワイドスタンスが特徴。さらに、直6エンジンを積んだ FRらしいロングノーズ&ショートキャビンも目を惹きます。

さらなる見どころは、空気抵抗低減に寄与するダブルバブルルーフの採用(トヨタ2000GT)や、ランプを車両内側に寄せることでフェンダーのボリュームを豊かに見せ、凝縮したボディデザインとする手法(2000GT、4代目スープラ)など、トヨタのスポーツカーの伝統を継承したとしています。

キャビンは、上下に薄いインパネと高く幅の広いコンソールによる典型的なFRスポーツカー空間に仕上げられています。コクピットには、シフトバイワイヤ式のシフトレバー、8.8インチTFTメーター、大型フルカラーヘッドアップディスプレイなどによる運転席中心でタイトな新世代レイアウトとしています。

エンジンは、3.0Lの直列6気筒と、2.0Lの直列4気筒を用意。前者は、直列6気筒エンジンの伝統を継承し、直6 3.0Lツインスクロールターボエンジンを搭載。最大トルク500Nmを、エンジン回転数1,600rpmという低回転で発生することで、アクセルペダルの操作に応じた思いどおりの加速を引き出せるとしています。

直列4気筒エンジンは、チューニングの異なる2つの2.0Lツインスクロールターボエンジンが設定され、最高出力190kW(258PS)というハイパフォーマンス仕様と、145kW(197PS)を発揮するエントリー向けのエンジンを設定。

サスペンションは、バネ下重量の低減、高い組み付け剛性、精緻な動きを追求して新設計されたサスペンションが搭載されていて、フロントはダブルジョイントスプリングストラット式、リヤはマルチリンク式。

さらに、一部グレードにアダプティブバリアブルサスペンションシステムが装着され、選択中のドライブモードや路面状況に応じて4輪のショックアブソーバー減衰力を最適に制御することで、走りと乗り心地を高次元で両立しているそうです。

新型スープラの走りを支える装備はほかにも数多く、アクティブディファレンシャルは、VSC(車両安定性制御システム)と連携しながら、電子制御多板クラッチによって後輪左右間のロック率を0〜100の範囲で無段階に最適制御。具体的には、コーナー進入時は旋回性能と安定性を高くバランスさせたロック率を選択し、アクセルを踏み込んでコーナーを脱出する際は、ロック率を高め最大限のトラクション性能を発揮します。

ボディサイズは(社内測定値)全長4380×全幅1865×全高1290〜1295mm、車両重量は1410〜1520kg。タイヤサイズは、直列6気筒エンジンを積む「RZ」が前255/35R19、後275/35R19。直列4気筒を積む「SZ-R」が前255/40R18、後275/40R18。直4を積む「SZ」は、前225/50R17、後255/45R17となっています。

(塚田勝弘)

【デトロイトモーターショー2019】トヨタ新型スープラがワールドプレミア。FR&2シーター、直列6気筒と直列4気筒エンジンを設定(http://clicccar.com/2019/01/17/685171/)

【関連記事】86はスバル製、スープラはBMW製。トヨタ、自社でスポーツカーを作れない?「Supra」のロゴは新デザイン。「S」の形とニュルの深〜い関係?【デトロイトモーターショー2019】【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判】日伊合作。彫刻的ボディのハイパフォーマンス4ドアセダン。第40回 トヨタ アリスト(初代)