【デトロイトモーターショー2019】STIコンプリートカーの最高峰「Sシリーズ」が米国市場にも投入

【デトロイトモーターショー2019】STIコンプリートカーの最高峰「Sシリーズ」が米国市場にも投入

【デトロイトモーターショー2019】STIコンプリートカーの最高峰「Sシリーズ」が米国市場にも投入の画像

●Sシリーズがアメリカ上陸。WRX STI専用の「EJ25」を搭載した「S209」
STIは米国デトロイトで開催中の2019年北米国際自動車ショーにおいて「Sシリーズ」初の米国市場向けモデル「S209」を発表しました。

「S209」はSTIがWRX STIをベースに、エンジンや足まわりを専用開発。内・外装にも専用装備が追加されており、日本でもスバリストから絶大な人気を集めるSシリーズを代表するモデルです。

STIが考える速さの究極形である「ドライバーの意のままに操れる”速さ“」を実現すべく、ベースモデルに対して、大幅な性能向上が達成されています。米国向けSTIチューンドモデルとしては、昨年発売された「WRX STI Type RA」と「SUBARU BRZ tS」に続く第3弾で、STIコンプリートカーの最高峰「Sシリーズ」はこの「S209」が初。

アメリカでは映画などの影響で一部マニアから日本のスポーツカーも人気を集めていますから、そうした層からS209も注目の的になりそう。

エンジンは米国仕様のWRX STI専用の「EJ25」をベースに、あらゆるシチュエーションで安心して気持ち良くアクセルを踏むことができる最適なパワーを目指し、専用チューニングが実施されています。吸気系統には、専用の大型エアクリーナーや 専用吸気ダクトを採用することで吸気抵抗を抜本的に低減したという、効率的なエアインテークシステムを搭載。

また、専用開発の大径ターボチャージャーが装着され、排気系にも大口径テールパイプを備えた専用設計低背圧マフラーが採用されています。これらを専用ECUで制御することで、最高出力は歴代STIモデル最高となる341hp(開発目標値)に到達。

インタークーラーウォータースプレーを装備することで熱による性能低下を抑制するとともに、専用設計の鍛造ピストンや鍛造コンロッドの採用により、量産エンジンとしての信頼性も確保したとしています。

足まわりには、歴代STIモデルで最大の幅を持つダンロップ製265/35R19ハイグリップタイヤを履いたBBS製19インチ鍛造ホイールを装備。専用開発のビルシュタインダンパーと専用コイルスプリング、強化ブッシュと組み合わされ、オーバーフェンダーで拡幅された専用ワイドボディに収めています。

さらに、ニュルブルクリンク24時間レース車両で 実証されたストラットタワーバーやドロースティフナーといったSTI独自のフレキシブルパーツに加え、軽量かつ車体剛性を高めるカーボンルーフを採用。

フロントアンダースポイラーやフロントバンパーサイドカナード、ドライカーボン製大型リヤウイングといった空気の流れを整え、ダウンフォースを増やす数々のエアロパーツも装着することで、高いハンドリング性能を実現しているそうです。

ボディカラーは、「WRブルー・パール(ホイール色:マットグレー)」「クリスタルホワイト・パール(ホイール色:マットゴ ールド)」の2色。米国のSUBARU販売店にて2019年内に限定発売する予定としています。

(塚田勝弘)

【デトロイトモーターショー2019】STIコンプリートカーの最高峰「Sシリーズ」が米国市場にも投入(http://clicccar.com/2019/01/15/685217/)

【関連記事】【東京オートサロン2019】スバルは内外装の質感向上を狙ったコンセプトカーが複数登場!3分で分かるTAS・メーカー編:スバル/STI【東京オートサロン2019】クールなボディカラーはレヴォーグにもマッチ。「レヴォーグ STI Performance」は市販化が熱望されるモデル【東京オートサロン2019】スバルブースで購入できる、STIおすすめグッズをBREEZE2019メンバーが紹介