【意外!幻の限定車いま中古車でいくら?】相場がようやく適正となってきたSUBARU・S208

【意外!幻の限定車いま中古車でいくら?】相場がようやく適正となってきたSUBARU・S208

【意外!幻の限定車いま中古車でいくら?】相場がようやく適正となってきたSUBARU・S208の画像

●アメリカにも上陸したSTIの「Sシリーズ」、日本での最新モデル「S208」の中古価格は?
東京オートサロン2019の興奮冷めやらぬ日本時間2019年1月14日深夜、デトロイトモータショーでスバルテクニカインターナショナル(STI)はSTIが手掛けるコンプリートカーの最高峰「Sシリーズ」初となる米国市場向けモデル「S209」を発表しました。

S209はSUBARU WRX STIをベースにしたコンプリートカーで、エンジンや足回りを専用開発し、内外装にも専用装備を加えたモデル。STIの考える「速さ」の究極形である「ドライバーの意のままに操れる速さ」を実現させるために、大幅な性能向上を達成しています。

S209は日本仕様とは異なる2.5L水平対向ターボエンジンに専用チューニングを施し、外観もフロントとリアにワイドフェンダーを装着するなど、かなりアグレッシブな外観デザインとなっています。

米国市場向けとはいえ、新型のS209が登場したことにより、俄然注目が集まるのが日本市場におけるSシリーズの最新モデルS208の中古車です。ここでは、S208の最新の中古車事情を見てみましょう。

S208は2017年10月25日東京モーターショーにて発表されました。標準仕様100台、NBRチャレンジパッケージ仕様350台の合計450台の限定車に対して、5倍以上の2619人が応募。車両本体価格は624万6000〜710万6400円と高額にもかかわらず手に入れるだけでも大変な稀少車でした。

S208はWRX STIをベースした“Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー”を実現するため、SUBARUとSTIが共同して、エンジンや足回りを専用開発し、さらに内外装にも専用装備を追加したSUBARUハイパフォーマンスカーのトップエンドモデルです。

最高出力329psまで出力向上した2L水平対向ターボエンジンをはじめ、ボディにはフレキシブルタワーバーをはじめ、STI独自のパーツやカーボンルーフを採用。可変減衰力フロントサスペンション、そしてフロント+リアのアクティブ・トルク・ベクタリングの効果によって強靱でしなやかな乗り味とシャープなコーナリングを実現しています。

加えてドライカーボンリアスポイラーやSTI製バケットタイプフロントシートを採用するなど、走りへの期待感、所有する歓びを感じることのできる特別な仕様が施されたモデル、それがS208なのです。

発表から2年が経過し、ようやく中古車市場にS208が流通しはじめました。現在、流通しているS208の中古車は10台。その半数を占めるのが、新車時価格が最も高額だったS208 NBRチャレンジパッケージカーボンリアウィング仕様です。

続く3台がS208 NBR チャンレジパッケージカーボントランクリップ仕様。そして残りの2台は標準仕様です。中古車相場はS208 NBRチャレンジパッケージカーボンリアウィング仕様が678万〜835万円。NBR チャレンジパッケージカーボントランクリップ仕様が699.9万〜818万円。そして標準仕様が650万円となっています。

元々Sシリーズは値落ちしづらい車種の一つですが、中古車の走行距離が1kmから多くても3000kmということもあり、新車時価格を切ったクルマはわずかという状況です。それでも、昨年は平均価格が800万円近かったことを考えれば、ようやく相場が適正価格になってきたと言えるでしょう。

応募したものの、抽選に漏れて手に入れることのできなかったS208。今なら高コンディションのクルマが手に入れられるチャンスとなっています。

(萩原文博)

【意外!幻の限定車いま中古車でいくら?】相場がようやく適正となってきたSUBARU・S208(http://clicccar.com/2019/01/16/685618/)

【関連記事】【デトロイトモーターショー2019】STIコンプリートカーの最高峰「Sシリーズ」が米国市場にも投入【東京オートサロン2019】スバルは内外装の質感向上を狙ったコンセプトカーが複数登場!3分で分かるTAS・メーカー編:スバル/STI【東京オートサロン2019】クールなボディカラーはレヴォーグにもマッチ。「レヴォーグ STI Performance」は市販化が熱望されるモデル