「はがせるペイント」でクルマのボディにアートペイント。隠されたメッセージに心安らぐ【東京オートサロン2019】

「はがせるペイント」でクルマのボディにアートペイント。隠されたメッセージに心安らぐ【東京オートサロン2019】

「はがせるペイント」でクルマのボディにアートペイント。隠されたメッセージに心安らぐ【東京オートサロン2019】の画像

●はがせるペイント「ラバーディップ」を使ったアートペイント
東京オートサロンはクルマというキャンバスの上にどれだけはじけた画を描けるか、といったような面もあるのではないでしょうか。毎回目を楽しませてくれる作品で目白押しですね。

今年、つい足を止めてしまった作品。北ホール9のRubberDIP.jp×JETSTROKEブースでデモカーのパナメーラはそんな一台でした。

いわゆる「はがせるペイント」。クルマの色、なかなか決められないという人も、派手な色にしたいが手放すときのことを考えると売りにくいのも、と躊躇してしまうという人にも、塗ってはがせる塗装ラバーディップなら安心だし、迷わずに済みますね。

今年の展示では「すぐにはがせる」という特徴を生かし、ラバーディップを施したクルマに手書きのペイントアートを描いたというのです。逆にはがしてしまうのはもったいないほど、生き生きとして繊細で、様々なものが描きこまれています。

実にいろいろなものが描かれています。ボンネットに描かれた画はクイズになっていました。時間がないのでクイズに興じている余裕がありません。でも「いろんなものが描いてあるんです、是非見ていってください。」と教えてくださったので、とりあえず一回りしてみました。

左サイドはダックスフントですね。とても長いダックスフントです。いろんなものに包まれています。戯れています。そしてなんと、小さな子犬が隠れています。こういうのに気がついてしまうとたまらなくなりますね。

テールゲート周辺に描かれているのは「月」ですね。

そしてルーフには大きなハートが連なり絡み合っています。「愛」がテーマなのだそうです。

はがせてしまうからこそ永久に保存することができない、だからこその芸術性というのもありますよね。クルマをそんなアートにもしてしまうラバーディップ。大人の嗜みの提案として、オートサロンらしさ、のようなものを感じてしまいました。

なんでも、普段はウォールアートのようなものを描かれたりしているのだとか。本格的なペイントアートにつかの間心癒されたようでした。

(中込健太郎)

「はがせるペイント」でクルマのボディにアートペイント。隠されたメッセージに心安らぐ【東京オートサロン2019】(http://clicccar.com/2019/01/18/685677/)

【関連記事】【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・ドレスアップカー部門編【東京オートサロン2019】「新型D:5が実際に見られる場所」として注目を集めた三菱のブース【東京オートサロン2019】ハイエースの次は「トゥクトゥク」。ヤバさが際立った(!?)CSO CORPORATIONブース