【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・コンセプトカー部門編

【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・コンセプトカー部門編

【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・コンセプトカー部門編の画像

●新機軸のコンセプトを盛り込んだクルマが評価される「コンセプトカー部門」
1月11〜13日に幕張メッセで開催された東京オートサロン2019。日本最大のカスタムカーイベントである東京オートサロンに集結した数多くのカスタムカーからその日本一を決める「東京国際カスタムカーコンテスト」。選考は来場者の投票から決定されます。
【最優秀賞「HKS TRB-04」】

コンセプトカー部門はカスタムの方向性に何か新しいもの、新機軸のコンセプトを盛り込んだものが評価されます。そのコンセプトカー部門で最優秀賞となったのがHKSの「HKS TRB-04」。TRBとはTsukuba Record Breakerの略で、筑波サーキットのタイムアタックのみを追求し、このクラス最速のラップタイムを目指したものです。

空力の最適化やカーボンによる軽量化もスイフトとは思えない大胆なもの。しかしスイフトのイメージはしっかりと存在しているところがポイント。

何よりすごいのはフォーミュラーカーのようなセンターシートレイアウト!これによりドライバーによる重量配分の偏りまでも最適化してしまう徹底ぶり。谷口信輝さんのドライブで57秒台という筑波ラップを達成しており、これからも更なるタイムアップを目指しているとのこと。
【優秀賞「JUKE Personalization Adventure Concept」】

優秀賞を受賞したのは、日産ジューク「JUKE Personalization Adventure Concept」。

とにかく目をひくクローラー。実際に雪上でテストをして製作したというこの姿は、単なる見てくれではありません。

市販の予定は無いとのことですが、SUVの可能性を大きく広げるコンセプトには感嘆です。
【優秀賞「Modulo Neo Classic Racer」】

こちらも優秀賞を受賞したホンダアクセスの「Modulo Neo Classic Racer」。

ホンダアクセスとしては4年連続の東京国際カスタムカーコンテスト受賞となります。

昨年出品したS660のModulo Neo Classicをサーキット仕様にしたというコンセプト。大胆なヘッドライトカバーは往年のクラブマンレーサーのライトテーピングからインスパイアされたものとのこと。そしてガッチリしたホンキ仕様の4点式ロールバーなどは市販の可能性すら垣間見せます。

大胆なオーバーフェンダーもさることながらしっかりと吸気をするグラスエリアのエアインテークなど、このままサーキットを走ることができるように作られていることもホンダアクセスの技術力の強さといえるでしょう。

ここに紹介したクルマのほかにも、様々な部門で最優秀賞を受賞したカスタムカーを対象に、東京国際カスタムカーコンテストグランプリがあなたの投票で決定されます。東京国際カスタムカーコンテスト グランプリ投票のページから1月20日24時まで投票受付中です。

最高のカスタムカーの栄冠は何処へ。

(写真・文:松永和浩)

【関連リンク】

東京国際カスタムカーコンテスト グランプリ投票
https://www.tokyoautosalon.jp/2019/contest/customcar_vote.php

【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・コンセプトカー部門編(http://clicccar.com/2019/01/17/685896/)

【関連記事】東京オートサロンならではのコラボが実現。MF GHOST×ワイルド・スピード【東京オートサロン2019】【東京オートサロン2019】メーカー系デザイナーに突撃インタビュー。ホンダアクセス「Well Concept」はベビーフェイスがテーマ超人気のスズキブースは美女もクルマも主役級!【東京オートサロン2019美女めぐり その7】