【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・セダン部門編

【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・セダン部門編

【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・セダン部門編の画像

●センチュリーGRMNが優秀賞獲得!
1月11〜13日に幕張メッセで開催された東京オートサロン2019。日本最大のカスタムカーイベントである東京オートサロンに集結した数多くのカスタムカーからその日本一を決める「東京国際カスタムカーコンテスト」。選考は来場者の投票から決定されます。

セダン部門最優秀賞は、SUBARU/STIのWRX STI Rally Concept。これはWRX STIにラリーイメージのエアロパーツを装着したものとなります。外装以外はほぼノーマル。

しかし、見てくれだけのエアロではありません。STIのものですから本当に効くものしかありえません。

このWRX STI Rally Conceptは参考出品で本来は販売される予定のないものでしたが、オートサロンでの大反響で販売を前提に検討に入ったとのこと。近いうちに発売の発表があることでしょう。

優秀賞にはM’z SPEEDのPrussian Blue CROWN。ブラック&ホワイトの中にメッキシルバーのアクセントがプレミアム感を倍増させています。

フロントのカッコよさもさることながら控えめなサイドスカートなど色気すら感じさせる要素となっています。最近、色気のある大人っぽいドレスアップが少なくなってきた印象ですが、Prussian Blue CROWNが優秀賞を獲得したと言うことは復権の兆しがあるかもしれません。

またバックスタイルは力強い印象。前後で力強さ、サイドで色気をかもし出す。これはまさに今求められている男性像を象徴しているかのようです。

同じく優秀賞はトヨタ センチュリーGRMN。トヨタ社長専用車の白いセンチュリーGRMNが有名ですが、今回出品されたのはブラックバージョン。

いままで公式に発表のなかったセンチュリーGRMNの詳細ですが、今回はかなりの部分で詳細を確認できました。GRMNと冠してあればおおよそボディ補強が入っているモデルなのですが、センチュリーGRMNに関してはノーマルボディの剛性がとてつもなく高いために補強無しでGRMN基準をクリアしたそうです。

ブレーキはホイールの19インチ化に合わせてローター、キャリパーともに変更。ブレーキキャリパーはブレンボ製6ポッド対向モノブロックでブレンボ内でGRMNカラーに塗装しての納品とのこと。グリルはアルミ製でつや消し加工が施されています。

サスペンションチューニングはトヨタ自動車東富士研究所が担当し、富士スピードウェイを走りこんで開発したとのこと。ニュルブルクリンクではありませんがサーキットで鍛え上げられたという面ではGRMNを謳っても差し支えないでしょう。チューニングの方向性は連続高速走行に耐えるショーファーカーとのこと。ちなみにエンジン、モーターはノーマルのままです。

今回のオートサロンで少なくとも黒と白の2台のセンチュリーGRMNの存在が確認できたことになりますが、市販予定をうかがうと「ちょっとまだなんともいえません」との回答。製作コストも「今の状態だと量産効果が全く無いので追加装備だけでもかなりの金額になってしまいます」とのこと。しかしかなりの金額については具体的な数字はうかがえませんでした。まさかもう一台買えちゃう?

ここに紹介したクルマのほかにも、様々な部門で最優秀賞を受賞したカスタムカーを対象に、東京国際カスタムカーコンテストグランプリがあなたの投票で決定されます。東京国際カスタムカーコンテスト グランプリ投票のページから1月20日24時まで投票受付中。

最高のカスタムカーの栄冠は何処へ。

(写真・文:松永和浩)

【関連リンク】

東京国際カスタムカーコンテスト グランプリ投票
https://www.tokyoautosalon.jp/2019/contest/customcar_vote.php

【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・セダン部門編(http://clicccar.com/2019/01/20/686911/)

【関連記事】【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・チューニングカー部門編【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・ミニバン/ワゴン部門編【東京オートサロン2019】東京国際カスタムカーコンテスト2019受賞車を見てきた・インポートカー部門編