【プロボックスハイブリッド試乗】ハイブリッド化の流れは商用車にも。その流れが受け入れらるかの「カギ」となる一台

【プロボックスハイブリッド試乗】ハイブリッド化の流れは商用車にも。その流れが受け入れらるかの「カギ」となる一台

【プロボックスハイブリッド試乗】ハイブリッド化の流れは商用車にも。その流れが受け入れらるかの「カギ」となる一台の画像

●ハイブリッド歴20年のトヨタ、プロボックスハイブリッドも高い完成度
トヨタは2025年までに全モデルに電動ユニットを各車に投入する計画で、その流れは乗用モデルのみにとどまらず商用車系にも及んでいます。

そうした流れの1つとして、プロボックス&サクシードにもハイブリッドモデルが追加されました。プロボックス&サクシードは2002年に発売された5ナンバーのバン&ワゴンで、2014年のマイナーチェンジを前に2013年にはワゴンを廃止。現在は商用バンのみの設定となっています。

従来のパワーユニットは1.3リットルと1.5リットルのガソリンエンジンのみでしたが、今回新しいパワーユニットとして1.5リットルエンジン+モーターのハイブリッドシステムが加わりました。基本はアクアと同一と考えていいでしょう。

アクアはガソリンタンクが36リットルですが、プロボックス&サクシードは42リットルにアップされています。36リットルのままでは航続距離が足りないというのが理由です。42リットルにしたことで、航続距離はガソリンエンジンモデルと同等となっています。商用モデルの場合は、できるだけ営業所近くの契約スタンドで給油したいという要望も多く、航続距離の維持は重要です。

また、ハイブリッド化にともなってフロアパネルの更新が必要だったため、ハイブリッドモデルはガソリン仕様とフロア形状が異なります。ハイブリッドはFF専用設計としたことで、フロアトンネルが廃止されました。このためリヤシートの快適性はハイブリッドのほうが数段上になっています。

さて乗り味です。ハイブリッドモデルですのでスタートはモーターのみでのスタートとなります。エンジンが始動しハイブリッド走行となるのは意外と早めな印象です。

通常ハイブリッド車の試乗では、センターコンソールのモニターにエネルギーモニターを表示しながらとなるのですが、試乗車にはそれはありません。モーター内に小さめのインジケーターがありますがあまり目立ちません。ただし、エンジンが止まっているときは緑色の「EV」の表示があるのでわかりやすいです。

まあ、エンジンが始動するとかなりわかりやすい感じでエンジンの音が聞こえますので、それも頼りになります。

プロボックスハイブリッドの最大積載量は2名乗車時で350kgです。こうした商用モデルの場合は、最大積載量+αの積載をした際の安全性を確保するため、リヤサスペンションは硬めとなるのが通常です。こうしたクルマをそのままで乗ると、どうしてもリヤが落ち着かない走りになってしまうものです。ということで試乗車にはウエイトが搭載されていました。その効果もあり乗り心地は落ち着いたものとなっていました。

ゆったりとした感じこそありませんが、ステアリング操作に対するクルマの反応は素直なものです。

エンジンの出力は74馬力で、それを61馬力のモーターがアシストします。モーターによる発進は力強く、不足感はありません。試乗時は4名に上記のウエイトがプラスされています。負荷としてはかなり大きいですが、不満感は感じませんでした。

ハイブリッドをはじめて20年のトヨタですから、エンジン始動時のトルクのつながり感もスムーズです。坂道での加速も普通に走る分にはまったく問題を感じないレベルを確保していました。

プロボックスのもっともベーシックなモデルの価格は189万9800円。もっとも上級のもので196万5600円。各グレードとも同じグレードの1.5リットルモデルと比べると27万円高という設定です。

商用車の場合5年程度で乗り換えとなることが多く、この価格差だと年間で5万4000円燃料代が節約できれば元が取れることになります。また、回生ブレーキで大幅に速度が落ちるハイブリッドはブレーキパッドの消耗も少なく、走行距離が長いほどハイブリッドの優位性があると言えます。

これからは商用モデルのハイブリッドは増えていく傾向にあり、その先がけとも言える今回の追加は重要なマイルストーンと言えます。今後、商用ハイブリッドが受け入れられるか否か? がかかった大事な1台となるのは確実です。

(文/諸星陽一・写真/澤田優樹)

【プロボックスハイブリッド試乗】ハイブリッド化の流れは商用車にも。その流れが受け入れらるかの「カギ」となる一台(http://clicccar.com/2019/01/22/687266/)

【関連記事】トヨタとパナソニックがEV用バッテリー開発で2020年に新会社設立へ【ハイラックス Zブラックラリーエディション試乗】「オンリーワン」な存在。それがハイラックスの魅力【東京オートサロン2019】とんでもない大人気!MFゴーストのイメージガールに「沢すみれ」さんが登場