【東京オートサロン2019】井出有治の「コレ乗りたい!」・その2 トップシークレットの作る「ノーマル」R35GT-Rって新鮮かも!?

【東京オートサロン2019】井出有治の「コレ乗りたい!」・その2 トップシークレットの作る「ノーマル」R35GT-Rって新鮮かも!?

【東京オートサロン2019】井出有治の「コレ乗りたい!」・その2 トップシークレットの作る「ノーマル」R35GT-Rって新鮮かも!?の画像

自身が開発するカート用2サイクルエンジンオイル「RAGNO」アピールのため、東京オートサロン2019「Moty’s」ブースに現れたclicccar試乗テストドライバー・井出有治さんに、「あ、コレ乗りたいな!」とピックアップしてもらった出展マシン・その2は、トップシークレットのR35GT-R。

一段高いお立ち台に鎮座するシルバーのGT-R。永田社長を捕まえて…いや捉まえて!話を聞いてみましょう。

●原点に戻り、お父さんが楽しめる600ps仕様を作っちゃった!
TOPSECRET GT-R(トップシークレット GT-R)
【街中なら必要十分な600psGT-R】

レースバージョンのR35GT-Rは、2013年のスーパーGT第2戦FSWの1戦のみ乗りました。GT300クラスのOGT!Bonds Racing NISSAN GT-R NISMO GT3で、結果は予選25位/決勝はブチ抜きまくって5位。まぁこのレースのみのスポット参戦風?になってしまいました。チューニングバージョンのR35GT-Rは何台か乗っていますけど、トップシークレットのは…まだ乗っていないんですよね。

トップシークレットのGT-Rといえば、BNR32ボディにR35のエンジン・パーツを組み込んだ仕様や、最高速狙いのフルチューンのイメージしかありません。JZA80スープラなどの他車種でも超フルチューンバージョン。

東京オートサロン2019・トップシークレットのブースで一段高いお立ち台に登るR35GT-Rは、フルエアロで車高も低く、公道で乗ったら目立っちゃっておまわりさんとも仲良くなれそう(笑) しかし、意外にも「ノーマルですよ!」(トップシークレット・永田さん)とのこと。

「最新型のG-EFFECT M17フルバンパーキット、M17エアロボンネット、サイドディフューザーVer2を装着しただけ。それにProcessRコンピューターとスポーツキャタライザーだけのノーマルだから『たったの600ps』しかないけど、お父さんが普通に楽しめるGT-Rに仕上げたんですよ!」(永田さん)。

ほぼコンピューターチューンのみだから「ノーマル!」といってしまうところは永田さんらしいです。まぁ、街中の600psは充分以上ですけどね! チューンドバージョンのGT-Rを見ていると、感覚がおかしくなってきそうです。

でも、なんでフルチューン好きのトップシークレットが普通のGT-Rをこのお立ち台に展示しているんでしょうか?

「トラストを辞めて独立し、今までフルチューン仕様も一杯やってきたけど、ここで一旦ちょっと落ち着いて原点に戻ってみようかなって」(永田さん)

でも600psあれば、ちゃんと踏みたいときにはそこそこパフォーマンスを発揮できるし、ダンプトロニック改の車高調は油圧で車高を上げ下げできるようで、この仕様でトータル800万円くらいだとか(汗!)。

「R35もいろんな仕様を一杯やったけど、乗るのはやっぱコレくらいが一番いいな! マフラーもうるさくないし。もうさ、700psや800psあると気を使っちゃうし。なのでボクの街乗り用は今コレ。歳とったのかなぁ!?」(永田さん)

原点に戻る…いいと思います! 機会があれば、永田さんがいう600ps「ノーマル」GT-Rも乗ってみたいです!

(文・永光やすの/写真・HOOD RIDEZ吉岡範幸)

【東京オートサロン2019】井出有治の「コレ乗りたい!」・その2 トップシークレットの作る「ノーマル」R35GT-Rって新鮮かも!?(http://clicccar.com/2019/01/22/687269/)

【関連記事】【東京オートサロン2019】「アルパインスタイル」はやりすぎないカスタムがオシャレ!【東京オートサロン2019】カルソニックレディ2018が卒業。新天地に向う二人にインタビュー!【東京オートサロン2019】メーカー系デザイナーに突撃インタビュー。「ジムニー・シエラ PICK UP STYLE」は大人の趣味を満たすホビー感覚