「安心して満喫できるから面白い」大阪のオートマイスターさんでチンクエチェントの魅力に迫る

「安心して満喫できるから面白い」大阪のオートマイスターさんでチンクエチェントの魅力に迫る

こちらもフィアットではなく、アウトビアンキ。ジャルディニエラというワゴンボディ。

●オートマイスターの主・清野さんがフィアット・500の魅力を語る
大阪でフィアット・ヌォーヴァ500(チンクエチェント)などを中心に手掛けるショップ「オートマイスター」を訪ねました。ここで、ショップの主・清野(きよの)さんに、少し古いフィアットの奥深さを教えていただくことができました。

大阪市平野区の住宅街の一角、路地を入ると、ずらりと古いフィアットが並ぶヤードがありました。オートマイスターさんです。ここには全国から、豊富な経験と腕を頼りに、古いフィアット500中心に多くのクルマが整備中だったり、整備を待っています。
●エンブレムの違いでかなり印象が変わるシュタイア・プフの500

まず目を惹いたのは、オーストリアのシュタイア・プフで創っていたモデル。フィアット500はシンプルで、簡素、扱いが容易であることから、フィアット以外でもいろんなメーカーが製造していました。イタリアだけでなく世界中の様々な国と地域で、多くの人に親しまれ愛されてきました。

そして、イタリア以外の地域での自動車産業、自動車技術の振興にも大きく貢献してきたモデルなのです。ただ、もともとベーシックカーです。クルマ趣味の対象としてではなく、日常のアシとして活躍してきたクルマが多い車種。しかもユーザーは比較的低所得の人も含め、幅広いこともあり、販売台数はかなり多いものの、その割にはなかなか残りにくい車種だったりもするのです。

最近の旧車の流行もあり、日本でも程度の良いフィアット500の価格は安くはないです。まして台数が少ないフィアット以外のブランドの500、出てくるとかなり高いこともあるのだそうです。おそらくボディパネルなどは同じ型で作っているでしょうからフォルムは500そのものですが、シンプルなフィアットのエンブレムが凝ったプフのものになるだけで、だいぶ印象が変わりますね。

現在のシュタイア・プフはダイムラーの一部門で、メルセデスの4MATICシステムの開発や、4輪駆動モデルの製造をはじめ、最近ではBMWとの提携もあり、X3の開発にも多くかかわっています。そんなご縁でしょう、BMWとプラットフォーム・エンジンなどをZ4と共用する話題の時期スープラの製造も手掛けるというので、少し話題になりましたね。

今ではそんな世界中の自動車メーカーが頼る技術屋集団のような同社ですが、かつてはこんなかわいらしいクルマを創っていたのだと思うと、何か感慨深さのようなものがこみあげてきます。

ちなみに、外観は同じでも、本国のフィアットが次の126にモデルチェンジした後も、独自の改良や進化を遂げた500も存在するそうです。例えばスペインのセアト。今ではフォルクスワーゲンのグループですが、かつてはフィアットのモデルをノックダウン生産していた時期もありました。セアトではこのカタチのモデルをかなり後まで作っていたので、その過程で内容のアップデートも相当されているのだそうです。

そのため、見た目は同じでも中身がまるで別物のようなクルマもあり、むしろ特有の難しい面もあるのだとか。
●遅いから安心して全開にできる!だから楽しい
代表の清野さんにこのクルマの魅力を伺ってみました。

「全然速くないんですけど、目いっぱい回して元気よく走り回る。そんなのがこのクルマの楽しさの源ではないでしょうか。大きさも小さいので一人で乗っていてもとてもフィットしますし。あと、仕組みがシンプルなので、少しいじるとそれだけクルマの変化が顕著に楽しめることでしうか。」

「このアバルトなんかもそうですが、見た目こそそんなに変わらないものの、エンジンのパワーなんか、3倍くらいになったりするんです。それでも今からしたら非力なんですけど(笑)でも、もともと軽いので、それだけの変化は圧倒的な違いとして楽しめますね。シンプルだから奥が深い、シンプルだから一度とりこになると、やめられない、という人が多いのではないでしょうか。」

とのこと。

●実は珍しいイタリア製の126
オートマイスターさんにはこの日、二台の126が顔を合わせました。126はヌォーヴァ・チンクエチェントの後継モデルと言ってもよいでしょう。

チンクエチェントに比べると、旧車の人気の今でもそこまで人気というクルマではないかもしれません。でも、これもフィアットの歴史で見るとなかなか貴重だし、フィアットらしさはあって、伝統もしっかり継承したモデルだと言います。

「実はイタリアで作られた126って初期の数年だけで、すぐにパンダがデビューすることで、エントリーモデルとしての役割は早々パンダに譲っているのです。こちらのグレーのはそんな時期のクルマです。世界的に見るとまだまだ走っている数も多いクルマで、部品はほぼすべてそろいます。」

「しかし、その後も、コチラの軽登録しているクルマなどのように、ポーランドなどイタリア以外で多数、継続してつくられていました。こうしたモデルはむしろ、本家になかったモダンな樹脂パーツなども多く、実はそういうものの一部は手に入りにくくなっているのもあります。とはいえ、基幹系に関してはイタリア製の時代とほとんど同じなため、部品に困ることはやはり少ないと言えます。ポーランドで作っていたこの時代、日本では軽自動車の排気量が660tになっていました。そのため、製造時の基準で軽自動車の排気量にはまる車種は国内で軽登録ができました。そんなに多くはないですが国内で走る黄色いナンバーの126はそんな事情で生まれました。サイズに関してはすでに軽自動車規格よりはるかに小さいものですね。」

と教えてくださいました。

ポーランド製の126は乗ったことがありますが、確かに遅い(笑)。都内の流れについていくのも大変で、前の信号機ではなく、直行する道用の信号機を見ておいて、変わったらすでに助走し始める。そんな風にしていたのを思い出しました。

でもトルクたっぷりですので、車庫入れなどは半クラッチだけでOK。坂道発進も全然問題なし。またリアエンジンでもともとコンパクトな上に、ステアリングは大きく切れてくるっとどこでも向きが変えられるのもうれしいところ。なんか旧車入門でも126って面白いチョイスかも。とあらためて思ってしまいました。

●世界のコンパクトカーがしたいことがなんとなくわかる。
また、オートマイスターさんのガレージには小さめなクルマがいろいろ置いてありました。現代によみがえったNEW500や、ダイハツの軽自動車たちも。

しかしそんなクルマたちを昔のヌオーヴァ500や126の間に挟んで置いてみると、こういうクルマたちが何をしたいのか、何を目指しているのか、なんとなくわかってくるようで、そんなのも面白い気付きでした。そして、案外そのいずれも「いい線いってるじゃない!」と思えてうれしくなりました。

短い滞在時間でしたが、充実のひと時を、オートマイスターさんで過ごすことができました。清野さんありがとうございます。

(中込健太郎)

【関連リンク】

オートマイスター
http://www001.upp.so-net.ne.jp/automeister/

「安心して満喫できるから面白い」大阪のオートマイスターさんでチンクエチェントの魅力に迫る(http://clicccar.com/2019/01/26/689062/)

【関連記事】【週刊クルマのミライ】年間4500円の減税が恒久的につづく!? オトクな1.0リッター以下の現行モデル〜輸入車編〜【FUTURE】「アバルト695Cリヴァーレ」に見る、小粒なラグジュアリー&スポーツの世界。(PR)【新車】6MT仕様の限定車「Fiat 500S Manuale」が100台限定で登場