マツダ・CX-8が2018年の「3列シートSUV」販売台数ナンバー1に。1年で30,679台を販売

マツダ・CX-8が2018年の「3列シートSUV」販売台数ナンバー1に。1年で30,679台を販売

マツダ・CX-8が2018年の「3列シートSUV」販売台数ナンバー1に。1年で30,679台を販売の画像

●月間販売計画台数の約2倍を通年で販売。セグメントをリードするマツダ・CX-8
2019年1月現在、3列シートを持つSUVは、三菱・アウトランダー、レクサス・RX450hL、トヨタ・ランドクルーザー/ランドクルーザー・プラド、日産・エクストレイル、ホンダ・CR-Vなどの国産勢のほか、ランドローバー・ディスカバリー、プジョー・5008、メルセデス・ベンツ・GLSなどの輸入車もあり、かなりのモデル数になります。

マツダは、クロスオーバーSUVのCX-8が国内3列シートSUV市場における2018年販売台数第1位(30,679台)を獲得したと発表しました(つまり、輸入SUVは含まれていません)。月平均で約2556台売れている計算になり、2列シートSUVのCX-5もラインナップすることを考えると十分に健闘しているといえそう。なお、CX-8の月間販売計画台数1,200台です。

国産3列シートSUVの2018年の販売台数は2017年比で180%を超える成長をしているそうで、中でもCX-8は約50%の割合を占めるセグメントをリードするモデルになっています。そのほか、平成29年度のJNCAP自動車アセスメント衝突安全性能評価において「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を最高得点で受賞。さらに、同アセスメントの予防安全性能評価においても平成29年度最高ランクとなる「ASV++」を満点で獲得するなど、高い安全性能も好調の理由といえそう。

ユーザーからは「多人数乗車を可能としながら、かっこよさを感じる」「乗り心地のよさや静粛性は想像以上」「3列目は座り心地も広さも十分」といった評価が得られているそうです。

2018年10月には、ディーゼルエンジン仕様に加えて2種類のガソリンエンジンも追加され、マツダではさらなる拡販を期待しているはずです。

(塚田勝弘)

マツダ・CX-8が2018年の「3列シートSUV」販売台数ナンバー1に。1年で30,679台を販売(http://clicccar.com/2019/01/31/694713/)

【関連記事】走ると意外に速い! マツダ愛が育てるLEGのRX-8・大井貴之の「オジさん心に響くこのクルマ」その2【東京オートサロン2019】【東京オートサロン2019】メーカー系デザイナーに突撃インタビュー。マツダブースで新型「Mazda 3」をテーマにトークショー開催マツダが「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」で、第53回機械振興賞の「経済産業大臣賞」を受賞