欧州EV戦争元年。BMW 「iX」ブランド第一弾、クロスオーバーが激戦市場へ

●iX3を皮切りに怒涛のEVラッシュ
BMWのフルEVシリーズ「iX」ブランド第一弾となるクロスオーバーSUV「iX3」のプロトタイプをカメラが捉えました。

キャッチした開発車両は、以前とLEDデイタイムランニングライトが変わっており、まだ市販型ではありません。2018年4月の北京モーターショーで公開された「コンセプトiX3」からインスパイアされたデザインが予想されており、「X3」とは差別化されるキドニーグリル、フロントバンパー、エキゾーストパイプを持たないリアバンパー、ホイールが装着されます。またキャビン内では、iDriveインフォテインメントシステム用のアップデートされたインストルメントクラスタ、及びEV専用ディスプレイが予想されています。

パワートレインは、サムソン製の容量70kWhのリチウムイオンバッテリーパックと最高出力270ps以上の電気モーターを搭載。150kWの急速充電器により約30分でフル充電が完了し、航続距離はWLTPモードで249マイル(400km)と噂されています。

欧州ビッグ3では2019年内にアウディが「e-tron」、メルセデスベンツが「EQC」を発売予定で、EV戦争元年となりそうです。またBMWはすでに「iX3」から「iX9」まで商標登録が完了しており、iX3を皮切りに怒涛のEVラッシュが見られそうです。

(APOLLO)

欧州EV戦争元年。BMW 「iX」ブランド第一弾、クロスオーバーが激戦市場へ(http://clicccar.com/2019/02/09/698613/)

【関連記事】ライバルを急追せよ。ジャガー XE改良型、最新デジタルコックピットを激写メルセデスベンツSクラス次期型、LWBのみ設定の可能性あり! アイスバーンを走り抜ける開発車両を撮影トヨタ86/スバルBRZの次期型は発売確定!? 直撃取材でメーカーが開発を明言