最高出力は600ps超のスーパーPHV「ポールスター1」市販型を初スクープ!

●ポールスター初の市販車「ポールスター1」は高級PHVモデル
ボルボカーズグループの傘下「Polstar」(ポールスター)初の市販車「ポールスター1」プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

ポールスターはボルボから独立した電動高性能車ブランドで、同モデルは2013年に「ボルボ コンセプトクーペ」として初公開されました。その後2017年に「ポールスター1」へと進化してます。ボルボの新世代プラットフォーム「SPA」(スケーラブル・パフォーマンス・アーキテクチャ)を採用しますが、約50%はポールスターの独自設計とされています。

スウェーデンの氷上で目撃された開発車両は、カーボンファイバー製フロントバンパーを装着し、エアインテーク形状は市販型専用デザインです。雪けむりではっきりと確認はできませんが、テールライトはコンセプトモデルと同じとみられます。

PHVのパワートレインは、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターで、システム全体の最高出力は600ps、最大トルク1,000Nmを発揮。EVモードは150kmの航続です。バンパー、ルーフなどにカーボンファイバーを多用して軽量化をはかり、高いパフォーマンスを発揮します。

親会社の中国のジーリー(吉利汽車)は、開発に7億5200万ドル(約830億円)費やしており、2019年半ばには生産が開始される予定となっています。また販売価格は、米国で155,000USドル(約1700万円)と伝えられています。

(APOLLO)

最高出力は600ps超のスーパーPHV「ポールスター1」市販型を初スクープ!(http://clicccar.com/2019/02/19/703805/)

【関連記事】初の世代交代。プジョーSUV「2008」、新設定EVモデルか!?クーペSUVの頂点を狙う!メルセデスAMG GLE63クーペの次期型はクラストップの630psにホンダがジュネーブショー2019で公開予定の新型EVのインパネを先行公開