新型でも変わらない、ミニバンの中で抜きん出たデリカD:5の悪路走破性

新型でも変わらない、ミニバンの中で抜きん出たデリカD:5の悪路走破性

新型でも変わらない、ミニバンの中で抜きん出たデリカD:5の悪路走破性の画像

●最低地上高の数字に騙されてはいけない。デリカD:5の走破性は旧型から確実に進化
先日、雪が積もったテストコースで新型デリカD:5を試走する機会がありました。

テストコースと言っても、そこは正確に言えばモトクロス用のオフロードコース。上りあり下りあり……なんてもんじゃなくて、そのアップダウンの激しさは「名ばかりのSUV」なら尻尾を巻いて逃げ出すレベル。そこへ浅くない雪が積もっているのだから、人間が自分で歩くのだって苦労するような場所でした。

というか、人間だったら滑ってしまい坂を登れないはず。今回のように事前に走れることを確認して「走れるから大丈夫」という確認がとれていなければ、スタックが怖くて自分で運転するクルマで入って行こうという気にもならない……といえば、その激しさが想像できるでしょうかね。

でも、デリカD:5はガシガシ入っていき苦労しているそぶりも見せずに走破するわけですが、その正直な印象は「普通のミニバンは4WDでもこうはいかないだろうな」でした。

そう感じた理由はふたつあって、ひとつは最低地上高。185mmあるデリカD:5の最低地上高は、お世辞抜き(数字で表れていますからね)に他のミニバンとは全く違うレベル。車体の下を擦るように積もった雪、深い轍、そして吹き溜まりなんかでも安心感が全然違う。かつてはパジェロのシャシーにミニバンのボディを乗せた構造だったデリカの血統が、しっかり生き続けていることを実感せざるをえません。

もうひとつ特筆すべきなのは、他のミニバンと一線を画するの4WDシステム。デリカD:5は新型でも凝ったシステムを搭載していて、その特区長は電子制御カップリングの特性を手元で変更できること。運転席のダイヤルで「LOCK」を選べばトラクション重視の制御になって、他のミニバンでは入り込めないような悪路も走り切れるというわけなのでした。

ちなみに砂地や深い雪でのトラクション性能は、ATを8速化したことで1速のローギヤ化によりさらに高まっているのだとか。またトラクションコントロールも対角線上のタイヤが浮いてトラクションが抜けかかった状態でもしっかり効くようにプログラムされている、なんていうのもミニバンとしては異例のクルマ作り、というか配慮ですね。そういう細かい部分の積み重ねが、高い悪路走破性と頼れる雰囲気を作り上げているのだなと納得です。

ところで、昨今新車系メディアを賑わわせている新型デリカD:5の最低地上高問題をご存知でしょうか? 先代は210mmあった最低地上高が、新型では185mmに減っていてけしからん、という例のアレです。

でも実は、実質的な最低地上高は先代も新型も変わっていないんですよね。

先代ではアンダーガードが樹脂製だったので「最低地上高の計測に含めず」だったのが、新型は金属製になり「計測に含めた」ので、数値上は最低地上高が低くなっているというのが真相。実質的なロードクリアランスは同じです。だから先代が走れた場所は、新型でも問題なく走れます。そのうえで制御系やメカニズムが進化しているのだから、悪路走破性はより高まっているのでご安心を。

それにしても、雪が積もったモトクロスコースをデリカD:5で走っていると、他のミニバンではこんな真似はできないだろうな、とつくづく感じるのでした。

(工藤貴宏)

新型でも変わらない、ミニバンの中で抜きん出たデリカD:5の悪路走破性(http://clicccar.com/2019/02/22/705730/)

【関連記事】【新型デリカD:5試乗】顔つきが話題の新型に乗ったら、音が先代と違いすぎて驚いた【新車】新型デリカD:5の発売を開始。価格帯は3,842,640円〜4,216,320円で、旧型のガソリンエンジン仕様は継続販売新型・三菱 RVRがデビュー! ダイナミックシールドを進化させた迫力のフェイス【ジュネーブモーターショー2019】