新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写

新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写

新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写の画像

●FF化される新型1シリーズ。車内は3シリーズに酷似もゴージャス感がアップ!?
BMWのエントリーモデル「1シリーズ」の新型プロトタイプをカメラが捉えました。また今回は、カモフラージュされていないコックピットおよびドアトリムなどキャビン内を初めて撮影に成功しました。

キャビン内で注目は、ブルーに光る、アンビエント照明システムを備えたファンキーなドアトリムです。コンパクトモデルながらも、ゴージャス感がアップされています。またワイドなインフォテインメントディスプレイ、その下にツインレジスター、スイッチ類を配置。ギアシフターやiDrive コマンドダイヤルなど新型「3シリーズ」と酷似したレイアウトが見てとれます。

エクステリアを見ると、大径ツインエキゾーストパイプ、スポーティなリアバンパー、分厚いリアスポイラー、ブルーのMブレーキキャリパーなどからも、高性能「M140i」とみらます。パワートレインは直6ではなく、「X2 M35」にも搭載されている2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを採用、最高出力は340psが予想されます。

そのほか、140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ツインパワーターボ、最高出力195psを発揮する2リットル直列4気筒ツインパワーターボをラインアップ。高性能モデルには、「M140i」のほかに「M135i」や「M140iX M Performance」が設定される予定です。

BMWは先日、現行モデルにFRの「M140i Final Edition」を設定しましたが、新型ではFFに切り替えられます。プラットフォームは「UKL1」という情報もありますが、フロントホイール・ドライブ用「FAAR」の採用が有力と見られます。「FAAR」はBMWが今後発売する「2シリーズ」ファミリーにも順次採用される予定です。

ワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーが有力です。

(APOLLO)

新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写(http://clicccar.com/2019/02/21/705886/)

【関連記事】ポルシェ・ケイマンGT4からウィングが消えた!? 初の「ツーリングパッケージ」開発車両を目撃「BMW 8シリーズ カブリオレ」導入開始。スポーツ性能と優雅さを両立このブラックボックスはなんだ!? 開発車両の正体は南米専売のマニアックなモデル?