NEWマシン一挙掲載! アルファロメオレーシングにもたらした「ライコネン効果」とは? 【F1速報×F1女子〜2019年NEWマシン情報号〜】

NEWマシン一挙掲載! アルファロメオレーシングにもたらした「ライコネン効果」とは? 【F1速報×F1女子〜2019年NEWマシン情報号〜】

NEWマシン一挙掲載! アルファロメオレーシングにもたらした「ライコネン効果」とは? 【F1速報×F1女子〜2019年NEWマシン情報号〜】の画像

●「F1速報2019年NEWマシン情報号」の見所は?
F1 2019年シーズンのテストが始まりましたね! 各チームのNEWマシンも発表され、久しぶりに見るF1マシン&ドライバーにテンション上がりまくりです。

今シーズンのF1はレッドブル・ホンダの誕生、ドライバーの移籍(昨シーズンと同じメンバーでいくのは2チームのみ!)、空力レギュレーション変更と注目ポイントがたくさん。最新F1情報を開幕までに頭に叩き込んでおくなら、2月22日(金)に発売された「F1速報2019年NEWマシン情報号」がおススメですよ。

【2019オールNEWマシンプロフィール&ディテールCHECK!】
巻頭特集「2019オールNEWマシンプロフィール&ディテールCHECK!」には、NEWマシン解説はもちろん、昨シーズンマシンとの比較、本誌だからこそできる細かいディテール解説を全チーム分掲載(全チームのマシン解説を一挙に見られるのは、今号だけかも!?)。

しかも全て写真付きなので、「ここが変わったのか〜」とすぐに確認できとっても分かりやすいんです。

全10チーム中、特に気になっていたのが2007年の王者キミ・ライコネンがフェラーリから電撃移籍し、ニューマシン「C38」の発表直前にチーム名をザウバーから変更したアルファロメオレーシング。大注目のライコネンはバルセロナプレシーズンテスト1のセッション開始直後にターン5で飛び出し、今年最初の赤旗中断の主になってしまいました。

何が起こったのか気になっていたのですが、こちらのコンテンツにはテストでのドライバーや関係者のコメントも記載されているんです!ありがたや〜。今年最初の赤旗中断の主、ライコネンのコメントも記載されていましたよ。
「全体的にはすごくいい出だしだった。いきなりスピンしたけど、低温のコンディションでのサーキットの路面はすごく滑りやすいんだ。冬のドライブは気をつけなければいけないということさ(笑)。それ以外は順調に進んだし、マシンの第一印象はすごくポジティブだったから、みんな冬の間に素晴らしい仕事を成し遂げたと思うし、このマシンならうまくやっていける。もちろん、成績を云々するのは時期尚早なのは分かっているけどね。とにかく、すごく前向きな気分だよ。何より、気が遠くなるほどマシンに手を加えなくてもいい、というのは分かったのが素晴らしい。ほんと、いくつか気になる点があるくらいなんだ。今後、まだまだ良くなるはずだ。昨年のアブダビテストで試した時のザウバーに比べると、すべてが正常に感じられたし、大きく前進していることは間違いない。これならいいラップタイムも簡単に出せるだろう。すごくうれしいね」

うん、今年もライコネン節炸裂ですね(笑)。本誌によるとチーム代表のフレデリック・バスールは、広々としたモーターホーム2階のスペースをほぼ満員の報道陣で埋めたという走行後の会見でチームへの「ライコネン効果」を盛んに強調していたそうです。
「たったひとりのドライバーの加入で、雰囲気がここまでポジティブに変わるものなのか。まだキミが来てから3カ月も経っていないのに、毎日それを実感させられているよ。世界チャンピオンになるほどの逸材は、単にコース上で速いだけじゃないということだ」

バスールによるとスイスに自宅のあるライコネンは頻繁にファクトリーに顔を出しスタッフと話しこんでおり、ザウバーが古巣であることを知らないスタッフが大多数を占める中、チームはこれまでになく一体感が出てきたのだそう。

キミ様、どこまでF1ファンの心を鷲掴みにするつもりなの! 今シーズン、アルファロメオレーシングがどこまで進化するのか「ライコネン効果」はどのくらい発揮されるのか、より楽しみになりました!!
【COUNTDOWN DIARY 2019】
毎年特に大きなニュースもなくオフシーズンは終わるものですが、今年は年明け早々から大波乱の連続! 「COUNTDOWN DIARY 2019」では、NEWマシンが発表された2月12日までの話題を解説してくれています。

一番衝撃的だったのはフェラーリのチーム代表を務めていたマウリツィオ・アリバベーネのチーム離脱。噂は流れていたとはいえ、驚きましたよね。

アリバベーネの後任は、チーフテクニカルオフィサー(CTO)を務めていたマッティア・ビノット。このフェラーリお家騒動の真相が綴られていました。
「アリバベーネ体制下では自分の居場所がないと感じたビノットは、18年限りでフェラーリとの契約が切れるこのタイミングでフェラーリを離脱することを決意。この状況を聞きつけたメルセデスやルノーらが食指を動かしたことから、フェラーリの上層部はビノットがライバルチームに引き抜かれないため、ビノットの起用法を再検討することとなった」

フェラーリに加入する前はフィリップモリスで広告責任者を務めていたアリバベーネに対し、ビノットは1995年にフェラーリにテストエンジンエンジニアとして加入。97年から03年にかけてはレースチーム部門でミハエル・シューマッハーの栄光の時代を支えた経験を持ち、現在はチーフテクニカルオフィサーとしてフェラーリの技術部門のリードをしています。そのような理由もあり、マシンの開発の継続性を重視したフェラーリは今回の決断を下したのだそうです。

確かにここ何年か、チーム戦略ミスで勝てるレースを逃しているイメージがあったフェラーリ。これで流れが変わるかな?と安心していたのですが、なんと本誌には「ビノットはアリバベーネだけでなく、セバスチャン・ベッテルとの関係でも問題を抱えている」と記載されていました……。フェラーリ、どうなっちゃうの〜(汗)。

この他にもチーム名が大幅に変わったフォース・インディアとザウバーについてや、1月、2月に起こったF1界の出来事が時系列に並んであったりと、オフシーズン中の出来事が丸わかりで面白かったですよ。

そうそう、今シーズンのF1ドライバーの推定年俸も記載されていました! トップはもちろんチャンピオンのルイス・ハミルトン(約63億円)。「え!このドライバーの方が多くもらっているの? 一番低いドライバーとの差が凄すぎない?」と驚きの連続でした。

応援しているドライバーは一体どの位置なのか、気になる方はぜひ本誌でお確かめくださいね(順番を予想してから読むのがオススメです!)。

(yuri)

【関連リンク】

三栄書房オンラインショップ
https://www.sun-a.com/

NEWマシン一挙掲載! アルファロメオレーシングにもたらした「ライコネン効果」とは? 【F1速報×F1女子〜2019年NEWマシン情報号〜】(http://clicccar.com/2019/02/27/706209/)

【関連記事】ハース主席レースエンジニア・小松礼雄が考える、人材育成の秘訣とは?【F1速報×F1女子〜2019年オフシーズン情報号〜】まるでリゾート地! サーキットとは思えないラグジュアリーな空間にびっくり!!【F1女子アブダビGP観戦記〜サーキット編〜】スーパーGTに興味あり!? ピエール・ガスリーが山本尚貴に尋ねていたタイヤの秘密は?【F1女子のHonda Racing THANKS DAY2018レポート〜後編〜】