ネオレトロな個性が際立つ!プジョー・ジャンゴ125の2019年モデル&特別仕様車が登場

ネオレトロな個性が際立つ!プジョー・ジャンゴ125の2019年モデル&特別仕様車が登場

ネオレトロな個性が際立つ!プジョー・ジャンゴ125の2019年モデル&特別仕様車が登場の画像

ジャンゴ125はクラシカルなデザインと最新機能を両立!
●現存する最古のモーターサイクルブランドのプジョー
プジョーというと四輪メーカーのイメージがありますが、じつは現存する最古のモーターサイクルブランドでもあるのです。

その代表的なモデルが、ジャンゴ125。1950年代に人気を博したプジョー初のスクーター「S55」のイメージを取り入れた125ccスクーターです。

クラシカルでグラマラスなスタイルが目を引きますが、ABSやスマートフォン用電源、LEDテールランプなど最新の機能も備えています。また、125ccクラスとは思えないほど大柄なボディと、座り心地の良い前後セパレートシートのおかげで、タンデムライドを楽々とこなすことも可能です。

そのジャンゴ125の2019年モデルが発表されました。3タイプがラインナップしていますが、機能面は共通なので、自分の好みのカラーリングのモデルを選びましょう。
●ベーシックな雰囲気が好ましい・ジャンゴ125ABS
シリーズで最もシンプルなモデルが「ジャンゴ125ABS」。メーカーによると、「オリジナリティあふれるスタイルとカラーリングで街中の注目を集めます。 自分らしさを大切にする、フランスならではの国民性が生んだ個性的な一台です」とのことです。

・メーカー希望小売価格:375,840円(本体価格:348,000円)

●オシャレ度満点のツートーンカラー・ ジャンゴ 125 エバージョン ABS
クリームとビビッドな色によるツートンカラーで、 男女を問わず人気のモデルが「ジャンゴ 125 エバージョン ABS」です。 タックロール&ホワイトパイピングを施したシートも特徴です。 2019 年モデルでは、 新色のキャロットオレンジが登場しました。

・メーカー希望小売価格:386,640円(本体価格:358,000円)

●レーシングゼッケンがヤル気にさせる・ジャンゴ 125 スポーツ ABS

「ジャンゴ 125 スポーツ ABS」は、プジョーのレーシングスピリットを表すモデル。 ホワイトのセンターストライプとレーシングゼッケン、 さらにはブラックアウトされたシート&足周りが、 スポーティなイメージを演出します。

・メーカー希望小売価格:386,640円(本体価格:358,000円)

【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):1925×710×1190
軸間距離(mm):1250
シート高(mm):770
車両重量(kg):129
総排気量(cc):124.6
最高出力(ps/rpm):10.2/8500
最大トルク(kgm/rpm):0.9/7000
燃料タンク容量(L):8.5
ブレーキ(前・後):ディスク(ABS)・ディスク
■ショートスクリーンとトップケースを追加した特別仕様車も注目
ジャンゴ125をベースとして、シャレ度と実用度をアップさせた特別仕様車「ジャンゴ125 アリュール ABS DX」も登場しました。
●ジャンゴ 125 アリュール ABS DX

・メーカー希望小売価格:424,440円(本体価格:393,000円 )

特別装備は2つ。まずはショートスクリーン。クロームメッキのステーにマウントされ、 ライダーの胸元にあたる風や雨を防いでくれます。また、小ぶりでシンプルな形状がジャンゴのネオレトロなスタイリングを引き立てます。

もう一つが、トップケース。34Lの大容量でフルフェイスヘルメットも余裕で収納し、 ジャンゴの積載性を高めます。クロームフィニッシュのライオンエンブレムや、「PEUGEOT」ロゴが型押しされたシート同色のバックレストが高級感を演出します。

(長野達郎)

ネオレトロな個性が際立つ!プジョー・ジャンゴ125の2019年モデル&特別仕様車が登場(http://clicccar.com/2019/02/23/706480/)

【関連記事】初の世代交代。プジョーSUV「2008」、新設定EVモデルか!?人気スポーツツーリング・ヤマハ トレーサー900/GTに情熱的なグレー/レッドの新色を追加クラス最大級のスクーター「キムコ ダウンタウン125i ABS」が台湾から登場