トヨタが仏パリにFCタクシー(MIRAI)600台を導入するワケは?

トヨタが仏パリにFCタクシー(MIRAI)600台を導入するワケは?

トヨタが仏パリにFCタクシー(MIRAI)600台を導入するワケは?の画像

欧州トヨタが水素モビリティの普及を目的に、合弁会社「HysetCo」を設立したと発表しまた。

2020年末までに仏パリ市内のFCV(燃料電池車)によるタクシーサービス「HYPE」(Hydrogen Powered Electric Taxi Service)に600台のFC(燃料電池)タクシーを配備すべく、エアリキード、Idex、STEPの3社と共同で設立したもので、市内を走るタクシーのゼロエミッション化により、パリオリンピック(2024年)に向けた大気質改善に協力するそうです。

HYPEには現在100台のFCタクシーが配備されており、今回の「HysetCo」設立に伴い、目標台数に向けたFCタクシー配備に弾みが付きそうです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

ドイツの2018年新車販売、ディーゼル車シェア減・電動モデルが増加傾向
https://clicccar.com/2019/01/06/678208/

ガソリン/ディーゼル車の販売禁止時期が8年前出しされる?
https://clicccar.com/2018/10/20/641621/

トヨタが次世代環境車(EV・FCV)の商品化加速に向けた新組織を立ち上げ
https://clicccar.com/2018/10/14/639626/

トヨタ自動車、2020年にレクサスUXベースの「EV」を国内で生産開始?
https://clicccar.com/2018/09/29/634022/

VWグループが電動化戦略「e-モビリティ」を加速。2025年にEV比率25%へ
https://clicccar.com/2018/03/19/569547/

トヨタが仏パリにFCタクシー(MIRAI)600台を導入するワケは?(http://clicccar.com/2019/02/25/707946/)

【関連記事】ダイハツが国内向け新型軽自動車に低コスト開発手法「DNGA」導入へ寿命を全うしたトヨタ「プリウス」の電源装置が水力発電システムとして蘇る!米JD POWER自動車耐久品質調査で「レクサス」が8年連続首位を獲得