1050馬力のPHV「ベイビーケーニグセグ」を開発中か? 価格は1.3億円との情報

1050馬力のPHV「ベイビーケーニグセグ」を開発中か? 価格は1.3億円との情報

1050馬力のPHV「ベイビーケーニグセグ」を開発中か? 価格は1.3億円との情報の画像

●中国のバッテリーメーカーの技術により新たなモデルを開発中?
スーパーカーメーカーのケーニグセグは、これまでのモデルとは一線を画するエントリーモデルの発売を計画していますが、その全貌が見えてきました。

これは、新型スーパーカーにいち早くアクセス可能な自動車投資家のAutoRap氏が、2月14日に更新したツイッターによるもので、パワートレインは2.9リットルV型8気筒ツインターボエンジン+電気モーターのハイブリットで、カーボンファイバーホイール、アルミニウムとカーボンファイバーで覆われたボディを持っているといいます。またPHVの「レゲーラ」とは全く異なるデザインが予想されています。

このニュースは、中国のバッテリーメーカー「NEVS」(National Electric Vehicle Swede)社によって20%の株式を買収し、合併会社を設立した直後に発表されています。また同社は20%の株式と引き換えに1億7千万ドル(約190億円)の投資を計画しており、「ベイビー ケーニグセグ」にはNEVS社のバッテリー技術やコンポーネントを使用する可能性が十分あるとしています。

この新型モデルの発売は2020年内が有力で、価格は100万ユーロ(約1.3億円)と伝えられています。エントリーモデルで1億超えとは驚きですが、前出「レゲーラ」の約半額であり、同ブランドの販売台数が3倍以上に伸びると予想されています。

(APOLLO)

1050馬力のPHV「ベイビーケーニグセグ」を開発中か? 価格は1.3億円との情報(http://clicccar.com/2019/02/27/709365/)

【関連記事】ポルシェ初のEV「タイカン」が充電中の姿をキャッチ。マイナス40度で航続テスト中メルセデスAMG GLB35、市販型デザインが見えた!最新世代の4MATICを搭載デビューは2020年!? メルセデス・ベンツ Sクラス次期型プロトタイプが生産型マトリクスライトを装着