テスト車両にアクシデント! ポルシェ・タイカン スポーツツーリスモ開発車両をキャッチ

ポルシェ初の量産EVスポーツ「タイカン」の派生モデルとなる「タイカン スポーツツーリスモ」のプロトタイプを鮮明にカメラが捉えました。

開発車両を待ち構えていた所、アクシデントに遭遇しました。テスト車両がアイスバーンでスリップし、豪雪に突っ込んでしまったようです。幸いにも雪が柔らかく、車体もへこまず、けが人もでなかったようで、そのままテストは続行されました。

目撃したプロトタイプは、同時進行で開発が進められている「タイカン」と同じフロントマスクが見て取れます。しかしボディはリフトアップされ、Cピラー以降はワゴンタイプのボディスタイルが特徴です。
ベースとなっているのは、2018年3月のジュネーブモーターショーで初公開されたコンセプトカー『ミッションEクロスツーリスモ』で、初のEVクロスオーバーとしてポルシェの歴史に名を刻むことになります。

パワーユニットには、2つのパーマネントマネージメントシステムモーター(PSM)を搭載。最大出力600ps以上を発揮し、0-100km/h加速は3.5秒以下で、12秒以内に200km/hに達するハイパフォーマンスを持ちます。

駆動方式は4WDですが、廉価版FRモデルの登場も予想されています。タイカン同様に1回の充電での航続距離は500km以上を目指し開発が進められており、800V充電器に対応する高速充電「ターボチャージング・ステーション」を使用すれば、15分でバッテリー容量の80%にあたる400km分が充電可能です。

「タイカン」は2019年内の発表が予定されていますが、「スポーツツーリスモ」は2020年内の発売が期待されています。

(APOLLO)

テスト車両にアクシデント! ポルシェ・タイカン スポーツツーリスモ開発車両をキャッチ(http://clicccar.com/2019/03/02/711327/)

【関連記事】MINIのフルEV「MINIエレクトリック」はBMW「i1」と兄弟モデルに。デビューは今秋?ポルシェ911カレラS & 4S 動画レポート! タイプ992の実情を島下泰久が伝える。日産・プロパイロットを搭載する新型「キャプチャー」は、ルノー史上初の市販PHVを設定