MINIのフルEV「MINIエレクトリック」はBMW「i1」と兄弟モデルに。デビューは今秋?

●オリジナルに倣って(!?)充電口はリアウィンドゥ下のボディに装備
MINIのフルEV「MINIエレクトリック」(仮称)の市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

キャッチした開発車両には、エンジン冷却のためのフロントグリルは無く、ドアの「Electric Test Vehicle」のステッカー、エキゾーストパイプのないリアエンドからEVモデルと判断できます。

パワーユニットはBMW「i3」に搭載されている最新の42.2kWhサイズのバッテリーが使用される予定で、最高出力170ps・最大トルク250Nmを発揮、0-100km/h加速は7.3秒のパフォーマンスが予想されています。1度の充電で400kmの航続が目安となるでしょう。

MINIエレクトリックの充電口はフロントグリルではなく、リアウィンドゥ下のボディに備えられているのも特徴といえます。またプラットフォームを始め多くのコンポーネントを、近い将来発売されるとみられるBMWの最小EV「i1」と共有する可能性が高いようです。

キャビン内では、MINI初となるデジタルクラスターが採用されます。楕円形デジタルディスプレイを搭載し、MINIとの差別化が図られます。ワールドプレミアは早ければ今秋、遅くとも年内にはお目見えしそうです。

(APOLLO)

MINIのフルEV「MINIエレクトリック」はBMW「i1」と兄弟モデルに。デビューは今秋?(http://clicccar.com/2019/03/02/711348/)

【関連記事】日産・プロパイロットを搭載する新型「キャプチャー」は、ルノー史上初の市販PHVを設定ホンダの電気自動車「Honda e」プロトタイプが全身画像を公開【ジュネーブモーターショー2019】ビルシュタイン、「MINI JCW用ネジ式車高調キット」をリリース。