VW初のEVクロスオーバー「ID.CROSS」は2つのボディタイプを設定?

VW初のEVクロスオーバー「ID.CROSS」は2つのボディタイプを設定?

VW初のEVクロスオーバー「ID.CROSS」は2つのボディタイプを設定?の画像

●2021年に登場予定。「ID.」ブランドにクーペSUVと本格的クロスオーバーが設定される?
フォルクスワーゲンのEVブランド「ID.」から発売予定のクロスオーバーSUV、「ID.CROZZ」の開発車両をカメラが捉えました。

2017年の上海モーターショーで公開された「ID.CROZZ」は、その後フランクフルトモーターショーで「ID.CROZZ 2」へ進化しました。先日、「ゴルフ スポーツバン」をベースとした試作車をキャッチしましたが、今回はそれとは異なるプロトタイプです。

VW「ティグアン」のボディを身にまとったテストミュールは、Bピラーが延長されており、「ティグアン」よりロングボディになるとともに「ティグアン オールスペース」よりは短いサイズが予想できます。サイドシルに厚みを持たせているのは、「MEB」(モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス)プラットフォームをカモフラージュするためです。また突出したガスキャップは充電ポートの可能性が高いでしょう。

パワーユニットは、最高出力102psを発揮するフロントモーターと最高出力204psを発揮するリアモーターを搭載し、合計306psを発揮します。83kWhリチウムイオンバッテリーは、1回の充電で最大310マイル(500km)の航続が可能とされています。

VWは2020年より、ID.シリーズの発売が予定されており、「CROZZ」の発売は2021年以降が予想されます。「ID.CROSS 2」公開時には、クーペSUVスタイルのみの発売が予想されていましたが、より本格的なクロスオーバーSUVスタイルの2種が設定される可能性があるようです。

(APOLLO)

VW初のEVクロスオーバー「ID.CROSS」は2つのボディタイプを設定?(http://clicccar.com/2019/03/05/713160/)

【関連記事】巨大なリアウイングはダミー? テスト? 新型ポルシェ・911の「GT3」プロトタイプが豪雪地帯でキャッチ新型日産ジュークは巨大グリル装着で登場間近、ジュネーブで公開か?【ランボルギーニ・ウルス試乗】SUVとしての魅力・使い勝手もしっかりと持つ、不思議な「スーパーカー」SUV