新型日産ジュークは巨大グリル装着で登場間近、ジュネーブで公開か?

新型日産ジュークは巨大グリル装着で登場間近、ジュネーブで公開か?

新型日産ジュークは巨大グリル装着で登場間近、ジュネーブで公開か?の画像

日産のコンパクト・クロスオーバーSUV、「ジューク」次期型の最新予想CGを入手しました。

次期型には「CFM-B」プラットフォームを採用し、軽量化をはかりつつ剛性をアップ。ホイールベースは若干延長される見込みです。注目は巨大化されたダイナミックシールドグリルを装着し、円形ヘッドライトを含むフロントエンドで、その迫力はまるで「コンパクト ベンテイガ」のようです。予想CGでは、薄いヘッドライトですが、2015年東京モーターショーで公開された「グリップス・コンセプト」から意匠を継承するブーメラン型の可能性もあるようです。

パワートレインは最高出力95psを発揮する1.0リットル直列3気筒ターボエンジン、1.6リットル直列4気筒ターボエンジン、1.2リットル直列3気筒+電気モーターの「e-POWER」が予想されています。

室内では、「フローティング・ディスプレイ」の採用が予想されます。ワールドプレミアは最速で3月ジュネーブモーターショーの可能性があります。

(APOLLO)

新型日産ジュークは巨大グリル装着で登場間近、ジュネーブで公開か?(http://clicccar.com/2019/03/05/713786/)

【関連記事】超巨大ディスプレイを搭載!メルセデス・ベンツ Sクラスの次世代コックピットを激写テスト車両にアクシデント! ポルシェ・タイカン スポーツツーリスモ開発車両をキャッチMINIのフルEV「MINIエレクトリック」はBMW「i1」と兄弟モデルに。デビューは今秋?