Lynk & Co初のハッチバックは、ゴルフGTEより高性能!? 市販型プロトタイプをキャッチ

●流行のクーペスタイルではなく実直なデザインを採用?
中国吉利ホールディンググループ(以下、ジーリー)の新ブランド、「Lynk & Co」初のハッチバックモデル「04」の市販型プロトタイプをフィンランドでカメラが捉えました。

カモフラージュされたボディから一転、ついに市販型デザインが露出しました。同ブランドは、これまでSUVの「01」、クロスオーバーの「02」、セダンの「03」と発表しており、「04」が第4のモデルとなります。フロントエンドには、各モデル共通の丸型ヘッドライト、フォグランプ、グリル、テールライトなどが見てとれます。

ルーフは流行のクーペスタイルではなく、ルーフスポイラーへ続く直線ラインはスポーティなイメージです。プラットフォームには、同ブランド傘下であるボルボ「XC40」から流用される「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)を採用しています。

パワートレインは、ボルボ製の1.5リットル直列4気筒ターボチャージャーや最高出力250psを発揮する2リットル直列4気筒ターボチャージャーのほか、PHEVも設定される。EV走行距離は50マイル(約80km)と噂されており、実現すれば、ライバルのVW「ゴルフGTE」の45kmを大きく更新します。

ワールドプレミアは2019年秋以降が見込まれています。

(APOLLO)

Lynk & Co初のハッチバックは、ゴルフGTEより高性能!? 市販型プロトタイプをキャッチ(http://clicccar.com/2019/03/08/714539/)

【関連記事】BMW 5シリーズ初のPHV誕生… 「530e iPerformance」はどこが違う?BMW M2のトップモデルとなる「CS/CSL」の市販型プロトタイプをキャッチVW初のEVクロスオーバー「ID.CROSS」は2つのボディタイプを設定?