ついに新型・パジェロが動き出した? 三菱の最新コンセプトカーが登場【ジュネーブモーターショー2019】

ついに新型・パジェロが動き出した? 三菱の最新コンセプトカーが登場【ジュネーブモーターショー2019】

ついに新型・パジェロが動き出した? 三菱の最新コンセプトカーが登場【ジュネーブモーターショー2019】の画像

【3列シートのプラグインハイブリッドSUVってことは?】
スイスで開催されたジュネーブモーターショーでお披露目された、三菱のコンセプトカー「ENGELBERG TOURER(エンベルグ ツアラー)」。エンベルグというのは。スイス中央にある大自然が自慢のスキーリゾートの村なのだとか。

そんな「エンベルグ ツアラー」は、3列シートを備えたSUV。今どきのSUVとしては背が高いし、デザインもスクエアで無骨さを主張している印象。力強く高いオフロード性能を予感させるスタイルです。あくまでもコンセプトカーなので、これが直接市販車に結び付くわけではなさそうですが、将来的にはゴツいSUVの新型車がデビューすることを期待したいですよね。

ところで無骨な三菱のSUVといえば……パジェロ。現行型パジェロがデビューしたのは2006年で、もう13年も前のこと(しかも基本設計は1999年デビューの3代目と同じ!)。そろそろモデルチェンジしてもいいころなのではないかと思います。

……と思ったのですが、気になるのはパワートレイン。このコンセプトカーは「ツインモーター4WDのプラグインハイブリッド」と説明されています。

さすがに「電動化」の世の中でも、悪路走破性が重要で極地でも愛用されるパジェロにプラグインハイブリッドが採用されるかは、たとえコンセプトカーとしても微妙なところ。

そう考えると、このクルマは「アウトランダーPHEV」の未来を示唆するクルマと考えるのが適切なのかもしれません。

(工藤貴宏)

ついに新型・パジェロが動き出した? 三菱の最新コンセプトカーが登場【ジュネーブモーターショー2019】(http://clicccar.com/2019/03/09/716524/)

【関連記事】ジュネーブの日本車は熱いか? マツダ「魂動」の第2弾は大人の情感、三菱「ダイナミックシールド」新章は超シャープな力強さに【ジュネーブモーターショー2019】違和感の理由はボンネット。欧州仕様レヴォーグの日本との大きな違いがまさかの展開にRUFが「CTR アニバーサリー」と「GT」、2つのコンプリートモデルを初公開【ジュネーブオートショー2019】