日本電産がEVの駆動輪内に搭載する「インホイールタイプ」モーターを開発

日本電産がEVの駆動輪内に搭載する「インホイールタイプ」モーターを開発

日本電産がEVの駆動輪内に搭載する「インホイールタイプ」モーターを開発の画像

日本電産がEVの駆動輪内に直接搭載する小型インホイールタイプのトラクションモーターを開発したと発表しました。

20インチホイールに収まるサイズで32kgと小型軽量ながら1基で100kW と、1,800ccクラスのガソリンエンジンに相当する出力を発生。

FR、FF、4WDいずれのタイプの車両にも搭載可能となっています。

インホイールタイプモーターの特徴として、トランスミッションやドライブシャフト等による摩擦抵抗が無いため、動力伝達効率が高く、小型・軽量化が期待できるほか、駆動輪ごとの独立制御によるトラクションコントロールシステムやESC(横滑り防止装置)の性能向上が期待できるとしています。

5月に量産車に搭載予定のシステムを応用・発展させたもので、同社では2023年頃の量産を目指しているそうです。

昨今、CO?による地球温暖化や排気ガスによる大気汚染などで、環境・エネルギー問題が世界的に高まりをみせており、自動車メーカー各社が電動化を加速させるなか、同社では超小型モーターの磁気回路設計や、トラクション用モーターシステムの開発技術を活かし、低炭素社会の実現に貢献していく考えのようです。

【インホイールモーター仕様】

出力:100kW
トルク:1,570Nm
動作電圧:240V
減速比:1:6
重量:32kg
最高回転数:7,500rpm
冷却方式:油冷式

(Avanti Yasunori・画像:日本電産)

【関連記事】

米テスラがEVの充電時間「半減」に成功! その秘策は充電開始前にあった?
https://clicccar.com/2019/03/10/716671/

独・フォルクスワーゲンが2030年に約4割をEV化する方針を表明
https://clicccar.com/2019/03/07/714580/

米・テスラが電動コンパクトSUV「モデル Y」を3月14日に公開へ
https://clicccar.com/2019/03/06/713714/

トヨタとパナソニックがEV用バッテリー開発で2020年に新会社設立へ
https://clicccar.com/2019/01/22/688762/

【関連リンク】

日本電産 https://www.nidec.com/ja-JP/

日本電産がEVの駆動輪内に搭載する「インホイールタイプ」モーターを開発(http://clicccar.com/2019/03/11/717144/)

【関連記事】【週刊クルマのミライ】ホンダがイギリス工場を閉鎖する理由のひとつはハイブリッドの作りづらさにある?独・フォルクスワーゲンが2030年に約4割をEV化する方針を表明米・テスラが電動コンパクトSUV「モデル Y」を3月14日に公開へ