トヨタ自動車が2029年に月面に送り込む探査用FCVローバのスペックは?

トヨタ自動車が2029年に月面に送り込む探査用FCVローバのスペックは?

トヨタ自動車が2029年に月面に送り込む探査用FCVローバのスペックは?の画像

トヨタ自動車が先頃、JAXA(宇宙航空研究開発機構)との協業による国際宇宙探査ミッションを発表しました。

人類の持続的な繁栄を目指し、「人類の活動領域の拡大」と「知的資産の創出」を目的として、大気圏を超え、月・火星を目指すそうです。

地球の6分の1の重力を持つ天体である「月」には、クレーター、崖、丘が存在しており、2030年代に想定している本格的な有人月面探査においては過酷な放射線環境や温度環境、極高真空環境に晒されるだけに、両者は昨年5月から共同で技術力を 結集して「有人与圧ローバ」開発に取組んでいるそうです。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=23&v=mTVIfG6kNGo

同ミッションで使用する「有人与圧ローバ」は、FCV(燃料電池車)技術の応用により、月面で1万km以上の走行を可能にするといいます。

FCVは水だけを排出するクリーンな発電方式を採用しており、エネルギー密度の高さから多くのエネルギーを搭載可能で今回のミッションに適しているようです。

尚、両者が開発を進めている「有人与圧ローバ」は車体サイズがマイクロバス約2台分(全長6.0m×全幅5.2m×全高3.8m)で、車内空間は4畳半ワンルーム程度。

2名が滞在可能(緊急時は4名滞在可能)で、遠隔操作や自律走行により月面上を持続的に移動可能となっており、10年後(2029年)の打上げを目指しているそうです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

トヨタ自動車がJAXAと連携、月面探査プロジェクトで協業するワケは?
https://clicccar.com/2019/03/08/715065/

宇宙から帰還したトヨタの「キロボ」が会見、ギネス認定へ!
https://clicccar.com/2015/03/30/300752/

ロボット宇宙飛行士「キロボ」が1年半ぶりに地球帰還!
https://clicccar.com/2015/02/13/293343/

トヨタ自動車が2029年に月面に送り込む探査用FCVローバのスペックは?(http://clicccar.com/2019/03/17/721163/)

【関連記事】ジュネーブの日本車は熱いか? 近未来クロスオーバーの可能性を示した日産と、市販車で直球勝負を挑んだトヨタ生まれ変わる「天才タマゴ」。トヨタ・エスティマ後継モデルは電動化で2020年デビュー!?トヨタ自動車がJAXAと連携、月面探査プロジェクトで協業するワケは?