鈴鹿サーキットに立体オフロードコース!? 親子で楽しめる4つのバイクアトラクションがオープン

鈴鹿サーキットに立体オフロードコース!? 親子で楽しめる4つのバイクアトラクションがオープン

鈴鹿サーキットに立体オフロードコース!? 親子で楽しめる4つのバイクアトラクションがオープンの画像

●鈴鹿サーキットに4つの新バイクアトラクションが登場!
モビリティのテーマパーク・鈴鹿サーキットで2003年から愛され続けている子供向けアトラクションのピンキーバイクとキッズバイク。

この春、「より幅広い年齢の子供達に操る喜び、乗りこなした時の達成感、そしてバイクを通してモビリティの楽しさを知ってほしい」という想いが込められ、ピンキーバイクとキッズバイクがバージョンアップ! さらに2つの新バイクアトラクションがグランドオープンします。

●なりきりツーリング「ピンキーバイクプラス」
3歳から楽しめるピンキーバイクプラスは安定感のある3輪マシンでバイク特有のアクセル、ブレーキを体感し、初めて運転するワクワク感やドキドキ感を味わうことができるのですが、最大の特徴が「なりきり」。

郵便屋さん、警察官、ピザ屋さん、牛乳屋さん、お花屋さんの5つの職業をテーマにデザインされたバイクに乗車し、専用のコスチューム(帽子)を着てツーリングを楽しむことができるのです!

お気に入りの職業になりきりながらポップな街並みを走る姿は、何枚も写真を撮りたくなる可愛さ。将来母親になったら、絶対に我が子を連れてこようと心に誓ったほどです。

待機列にはハンドルが設置されており、走行前に一緒に練習できるのも嬉しいポイント☆

そうそう、このピンキーバイクのナンバープレートには思わずくすりと笑ってしまう面白い秘密が隠されているんですよ。

「お4510」……これが何を意味しているか分かりますか? 気になる方は鈴鹿サーキットで確認してみてくださいね!

●初めてのバイクチャレンジ「キッズバイクトレーニング」
「もう少し本格的なバイクにチャレンジしたい!」というお子様におススメなのが、上手にバイクを乗りこなす練習ができる環境に生まれ変わったキッズバイクトレーニング。

3歳〜小学生までの補助輪なしで自転車に乗れる子供が対象で、16kgと非常に軽い独自開発されたバイクで安心して乗ることができます。

ヘルメット、プロテクター、グローブを装着して準備完了! 本コース走行前に、練習専用コースでスタッフがマンツーマンで操作方法やドライビングのコツを教えてくれます。

ここで合格を貰ったら、本コースへ出発です。

衝撃を吸収するウレタンバリアで囲まれたコースは、地面にゴムチップを使用しているため転んでも痛くありません。これなら見ているほうも一安心ですよね。

はじめはみんな緊張していましたが、周回を重ねる度に笑顔になっていく姿が印象的でした。

●日本初!モトクロスバイクアトラクション「アクロバイク」
大人気だったのが、立体オフロードコースを専用のモトクロスバイクで駆け抜けるアクロバイク。テーマパークに存在するオフロードバイクアトラクションでは日本初の、本格モトクロスバイクアトラクションとのことです。

ヘルメットやビブス、プロテクターを装着すれば、まるでモトクロスライダーのよう! 高低差30cmのでこぼこ道や最小幅15cmの1本道、波状路などを含む全12ヶ所の「悪路」にチャレンジします。

「大丈夫かな」と心配になるくらい本格的なオフロードコースでしたが、ライダー達はみんな楽しそう! 走行時間は約3分。モトクロスは決められた時間内に何周走れるか競いますが、こちらは自分のペースで完全走破を目指します。もちろん、時間内であれば何周してもOK!

そしてでこぼこ道をこなすためのブロックタイヤ、衝撃を吸収するために長くされたサスペンションなど、独自開発されたオフロード用のモトクロスバイクにも要注目です。

アクロバイクの由来でもある「悪路」をテクニックを磨きながら走破したら、今まで経験したことのない達成感が味わえるはず!

今回は時間の都合上叶わなかったのですが、次回鈴鹿サーキットに来た時には絶対にチャレンジしたいと思える大人もワクワクさせてくれるアトラクションでした。

●本格タイムアタックに挑戦「モトファイター」
モータースポーツの楽しみや迫力を体感できるGPフィールドに新たに誕生したモトファイターは、バイクの臨場感やスピード感を味わうことができる本格レーシングバイクアトラクション。

子供や女性でも扱いやすいよう軽量化にこだわったレーシングバイクは、カウルやホイールにカーボンを使用した独自開発のマシンです。

コースの全長は210mで、F1日本GPやスーパーGTなどが開催される国際レーシングコースの特徴である「S字」や「シケイン」が取り入れられており、レース好きにはたまらないレイアウトになっています。

もちろん、ただ走行するだけでなくラップタイムを競うのが鈴鹿サーキットならでは! コースオフするとマシンの出力が下がる仕様になっているため、レコードラインを意識しながら走り続けなければいけません。子供だけでなく大人も夢中になること間違いなしなアトラクションです。

最高速度は約15km/h。想像以上のスピード感を味わうことができますよ。こちらは実際にチャレンジしてみましたので、レポートは後日詳しくお届けします!

子供の年齢に合わせた楽しみ方ができる、新バイクアトラクション達。「大きくなったらあれに乗りたい! 来年は1つステップアップしたい!」と、子供の成長をバイクを通して見守ることができるのが最大の魅力ではないでしょうか。またモビリティの楽しさも同時に学ぶことができるので、親子で共通の楽しみができるかもしれませんよ。

モトファイターは2019年3月21日(木・祝)に、他のアトラクションは既にオープンしています。ぜひ鈴鹿サーキットに足を運んで、素敵な思い出を作ってください!!

(yuri)

【関連リンク】

鈴鹿サーキット公式ホームページ
https://www.suzukacircuit.jp/

鈴鹿サーキットに立体オフロードコース!? 親子で楽しめる4つのバイクアトラクションがオープン(http://clicccar.com/2019/03/19/721256/)

【関連記事】【モースポフェス2019 SUZUKA】トヨタ「ヤリスWRC」とホンダ「インディカー」の鈴鹿初デモランが決定【イベント報告】「リシャール・ミル 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2018」は歴史に残る内容で魅了!【RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018】もうひとつのF1グランプリ「Fusion Coin Masters Historic Formula One」が鈴鹿サーキットで東アジア初開催!