【新車】キリッとイケメンになったホンダ・シャトルのマイナーチェンジモデルは2019年5月10日に登場

2019年3月21日、ホンダは2019年5月10日にマイナーチェンジを予定しているコンパクトステーションワゴンの「SHUTTLE(シャトル)」に関する情報を先行公開しました。

日産・ウイングロードが2018年3月に販売を終了し、トヨタ・カローラフィールダーとホンダ・シャトルが5ナンバーワゴンモデルの市場を守っています。写真を見る限り、今回のマイナーチェンジでホンダ・シャトルがキリッとした表情になっているのが印象的。内装のデザインや質感も向上し、洗練された雰囲気に変身しています。

シャトルは、先述したように、5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトボディと、同社独自のセンタータンクレイアウトが実現した多彩なシートアレンジ、広いキャビンが特徴。

レバーを引くだけの簡単な操作で後席を前に折りたたむと、最長184cmのフラットな荷室空間が出現。今回のマイナーモデルチェンジでは、洗練された上質感を追求して内・外装デザインが刷新され、従来の商用車ムードが一掃されています。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

■ホンダ・シャトル ティザーサイト

https://www.honda.co.jp/SHUTTLE/new/

【新車】キリッとイケメンになったホンダ・シャトルのマイナーチェンジモデルは2019年5月10日に登場(http://clicccar.com/2019/03/22/724324/)

【関連記事】MotoGPライダー中上貴晶の素顔に迫る、スペシャルインタビューを公開【ホンダ・インサイト試乗】優秀なパワートレインで良い仕上がりの高品質セダンだが、もっとチャレンジを望みたい年内発売のEV・ホンダeの「カメラ式ドアミラー」が興味深いワケ【ジュネーブモーターショー2019】