ボディの傷跡はハードテストの証? ディスカバリー スポーツの改良型をキャッチ

【初のフェイスリフトは2019年内に発表。最終デザイン見えた】
ランドローバーの7人乗りコンパクトSUV「ディスカバリー スポーツ」の改良型が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始しました。

同ブランドの最小クロスオーバーSUVとして2015年にデビューした現行モデルは、瞬く間にベストセラーへと成長。初のフェイスリフトが行われます。

キャッチしたプロトタイプは、フロントマスク全体がカモフラージュされていますが、新グラフィックのヘッドライトの一部や、大型のコーナーエアインテークが見てとれます。また市販型テールライトが初めて点灯し、そのデザインも見えてきました。

実は今回撮影した写真には、2台の試作車が写されていることにお気づきでしょうか。もちろんナンバーで判別がつきますが、ボディに貼られた黒いテープに注目です。1台は左側の前後フェンダーに、もう1台はフロントドアパネル下部に貼られています。よく見ると凹凸ができており、ハードなスノーテストの苦労が伺えます。

パワートレインの注目は、電動モデルが強化される点です。1.5リットル直列3気筒インジニウムエンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドを頂点に、マイルドハイブリッドモデルが下位にラインアップされます。

またコックピットはレンジローバー「イヴォーク」や「ヴェラール」から継承されるデュアルスクリーンが搭載されるでしょう。カメラの画像をタッチスクリーンに映し出すことで、ドライバーがボンネットを透視できる世界初の「グランド・ビュー・テクノロジー」の搭載も予想されています。

改良新型のワールドプレミアは、2019年内が有力です。

(APOLLO)

ボディの傷跡はハードテストの証? ディスカバリー スポーツの改良型をキャッチ(http://clicccar.com/2019/03/23/725039/)

【関連記事】デビューは12月!? トヨタ・アクア次期型はプリウスを超える燃費を実現?クラス最強の600psオーバー! BMW X6M次期型は2020年に登場予定硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ