ニュルで最速タイムを記録した「GT-R NISMO N-Attack Package」やレストアで生まれ変わった「フェアレディZ-L(S30型)」が登場【オートモビルカウンシル2019】

ニュルで最速タイムを記録した「GT-R NISMO N-Attack Package」やレストアで生まれ変わった「フェアレディZ-L(S30型)」が登場【オートモビルカウンシル2019】

ニュルで最速タイムを記録した「GT-R NISMO N-Attack Package」やレストアで生まれ変わった「フェアレディZ-L(S30型)」が登場【オートモビルカウンシル2019】の画像

2019年4月5日(金)〜 4月7日(日) から幕張メッセで開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2019(オートモビルカウンシル2019)」。「クラシック ミーツ モダン」をコンセプトに掲げ、ヘリテージカーショップやパーツショップ、自動車メーカーが出展する名車イベント。自動車がもつ豊かな文化や歴史の側面をフィーチャーする同イベントは、2016年にスタートし、今年で4回目の開催になります。

日産は、同社の代表的なスポーツカーアイコンである「GT-R」と「Z(日本名フェアレディZ)」が、ともに1969年の誕生から50年目の節目を迎えることを記念して「GT-R & Z 50th Anniversary」を出展テーマと掲げています。

同テーマのもと、NISSANブランドブースには、それぞれの初代モデルである「スカイライン2000GT-R(PGC10型)」と「フェアレディZ-L(S30型)」、そして、2013年9月にドイツ・ニュルブルクリンクサーキットの北コースで当時の量産車世界最速周回タイムである7分8秒679を記録した「Nissan GT-R NISMO N-Attack Package(R35型)」の実車が展示されます。

また、今回初の試みとして、日本の自動車メーカー4社/5ブランドが「百花繚乱 80’s」の統一テーマで共同出展するブースでは、1989年に発売された「フェアレディZ 2by2 300ZXツインターボ(GCZ32型)」を出展。当時の競合車であった名車たちとの共演となるこの共同ブースは、1980年代の国産車が成し遂げてきた事績と、現代のクルマへの影響をひもとく展示になっています。

なお、NISSANブランドブース出展車の「フェアレディZ-L(S30型)」は、50周年記念のために約1年かけて当時の姿にレストア作業を行い、同イベントで初公開されますので、見逃せない1台になりそうです。

(塚田勝弘)

ニュルで最速タイムを記録した「GT-R NISMO N-Attack Package」やレストアで生まれ変わった「フェアレディZ-L(S30型)」が登場【オートモビルカウンシル2019】(http://clicccar.com/2019/03/24/725706/)

【関連記事】80年代を彩った7車種が展示。トヨタ、レクサス、日産、ホンダ、スバルの国内共同企画に注目【オートモビルカウンシル2019】苦悩する三菱と日産が踏み出した「2歩目の成果」新型デイズ&ekワゴンの誕生秘話日産・リーフe+が新型リーフの大本命といえる理由とは?【新型リーフe+試乗記】