【新型デイズ・ボレロ】オーテックが手がける「らしい」上質な内外装

【新型デイズ・ボレロ】オーテックが手がける「らしい」上質な内外装

【新型デイズ・ボレロ】オーテックが手がける「らしい」上質な内外装の画像

ブランニューモデルのダイハツ・ミラ トコットの登場や、ラパンに特別仕様であるモードが追加されるなど「上質可愛い系」の軽自動車が人気を得ています。

そんなカテゴリーに対して今回、オーテックジャパンが日産の新型デイズにモディファイを施して「ボレロ」と名付けて投入します。

このボレロは、新型デイズのXグレードに対して8万円のプラスアルファを支払うことで、大規模に変わった専用内外装が与えられるというバリューあるモデルです。

エクステリアでの特徴は専用のダーククロームタイプ・フロントグリルやホワイトの専用アルミホイール、同ドアハンドルなどの採用です。

またオプションでホワイトパールルーフとすることも可能です。

インテリアではドアクロスをトリコットとアイボリーのものにするほか、シートを専用のソフトレザー調とトリコットのコンビタイプにしています。

インパネにもブラウンピンクのソフトパッドを採用し、標準車とは大きく差別化しています。

本革巻ステアリングも専用のカラーでアレンジされました。

なお標準モデルの新型デイズでは選べない、専用のツートンカラーを3パターン(ブロッサムピンクメタリック&ホワイトパール、ブラックパール&ホワイトパール、ソーダブルーパールメタリック&ホワイトパール)用意しています。

価格はFFの141万1560円から4WDの154万3320円まで。

(写真・動画・文/ウナ丼)

https://youtu.be/8nEhujDoVew

【新型デイズ・ボレロ】オーテックが手がける「らしい」上質な内外装(http://clicccar.com/2019/04/03/726382/)

【関連記事】新型・日産 デイズの通報システム「SOSコール」はあおり運転根絶にも有効!?軽ではなく、理想のコンパクトカーを作りたい! 新型 日産・デイズのデザインは制約を飛び越えた躍動感へ日産デイズと三菱eKワゴン/eKクロスの違いから見える、両者の狙いとは?