【ネオレトロ編】モーターサイクルショー出展バイクから独断チョイス「〇〇ならこの3台!」

■今、最も熱いカテゴリー、ネオレトロから選ぶならこの3台!
近年、オートバイ業界の中でも特に熱いカテゴリーが「ネオレトロ」。クラシカルなデザインのフォルムを採用しつつも中身は最新の機能と走りを搭載したモデルのことで、ここ数年、オートバイメーカー各社が鎬を削っている。旧車は雰囲気があっていいけど壊れやすそうなのが不安、最新のモデルは快適だけど、先進過ぎるスタイルがちょっと…という人には最適な車両となっている。
・1台目:ヤマハ XSR700(税込89万9640円)
「ネオレトロブームの立役者!」

ネオレトロブームに拍車をかけたと言っても過言ではないのがこのモデル。登場は2017年、同社の人気スポーツモデル「MT-07」をベースとして「アーバンカジュアルロードスター」をコンセプトに開発。その特徴としては、水平基調をモチーフとしたボディラインに各部に配された質感の高いアルミパーツと、実用域での使用頻度の高い回転数において粘り強いトルクを持たせることで扱い易さと楽しさを実現した水冷の2気筒エンジンの搭載、そしてカスタマイズを想起させるシンプルなパーツ構成。

シート幅がスリムで足つきも良く、アップライトなポジション、そしてボディの軽さもあり、楽しく操れる一台となっている。

(写真はアクセサリー装着車両です)
・2台目:トライアンフ スピードツイン(税込160万円)
「スマート&ワイルドな英国紳士!」

単気筒が主流だった時代に画期的な2気筒エンジンと、スムーズかつ軽快なハンドリングでオートバイの常識を打ち破った初代スピードツイン。長い時を経て、伝説の名車の名を継承したのがこのモデル。スタイリッシュにまとめ上げられたフォルムを作り上げているのは、美しい造形のタンクにステッチのデザインが特徴のベンチシート、ワイルドなブラックカラーの跳ね上げタイプのツインマフラー、そしてフロント&リヤのマットガードやサイドパネル等、各所に配された上質なアルミニウム製パーツ。またその走りも低回転域から高回転域まで力強さを感じさせるトルクと優れたハンドリングでライダーに刺激を与えてくれる。

・3台目:モトグッツィ V9 ボバースポーツ(税込131万7600円)
「ビルドアップされたボディとシャープな走り!」

第二次世界大戦後のアメリカで起こったダートトラックレーサーたちによるボバースタイルブーム。ボバースタイルとは無駄なものをそぎ落とし、ボディやフェンダー等を短くしたスタイルのことで、そこにはより速く走るため(軽量化)の意図も込められていた。そのスタイルを現代的に蘇らせたモデルがこの車両のベースとなるV9ボバーで、そこに新たに低く設定されたシングルシートとオーリンズ製のショックアブソーバー、そしてアルミ製のスリップオンマフラーを標準で装備し、スポーティさがプラスされたモデルとなっている。また専用カラーのマットオレンジもライダーの気分を上げてくれる魅力的な色味だ。

(文:安室淳一/写真:稲垣純也)

【ネオレトロ編】モーターサイクルショー出展バイクから独断チョイス「〇〇ならこの3台!」(http://clicccar.com/2019/03/27/726790/)

【関連記事】大幅進化を遂げたツーリングヘルメット! HID内蔵ヘルメットも気になる!!【モーターサイクルショー注目TOPICS】【スーパースポーツ編】モーターサイクルショー出展バイクから独断チョイス「〇〇ならこの3台!」【アドベンチャー編】モーターサイクルショー出展バイクから独断チョイス「〇〇ならこの3台!」