これが最強プレデターか? メルセデス・ベンツ「AMG E63」改良型はスーパーカー並の加速

メルセデス・ベンツのミッドクラス「Eクラス」ファミリーは改良型の開発が進行中ですが、その頂点に君臨する「AMG E63セダン」プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

フィンランド北部で捉えた開発車両は、新デザインのコーナーエアインテーク&バンパーが見てとれるほか、釣り上がったヘッドライト形状も確認できます。またレッドブレーキキャリパー、クロスドリル・ブレーキローター、トランクリッドスポイラー、クワッドエキゾーストパイプ、ディフューザーなどAMG定番のフル装備も見られます。

今の段階で縦スラットの「パナメリカーナグリル」採用は不明ながら、フロントエンドは同ブランド最新の「プレデターフェイス」へと進化するはずです。リアエンドでは、テールライトに大きな変化が見られそうで、薄型でトランクにまたがるデザインが予想されます。

室内ではステアリングホイールに新デザインを採用。最新世代のタッチパッドやMBUXが搭載されます。パワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は現行モデルの612psからアップするかは微妙ですが、0-100km/h加速は3.3秒から3.0秒へ向上すると噂されています。

ワールドプレミアは、2020年春以降となりそうです。

(APOLLO)

これが最強プレデターか? メルセデス・ベンツ「AMG E63」改良型はスーパーカー並の加速(http://clicccar.com/2019/03/29/729235/)

【関連記事】早くも改良型が登場!? アルファロメオ・ステルヴィオの開発車輌を目撃ランボルギーニに第4のモデル登場か? ウルスに続くのは「2+2のグランツアラー」!?「悪」の名を持つ、ロータスの1000馬力ハイパーカーを予想