こんな展開ある!? 惜しくも優勝を逃したシャルル・ルクレールをもっと応援したくなった【2019年F1第2戦バーレーンGP】

こんな展開ある!? 惜しくも優勝を逃したシャルル・ルクレールをもっと応援したくなった【2019年F1第2戦バーレーンGP】

こんな展開ある!? 惜しくも優勝を逃したシャルル・ルクレールをもっと応援したくなった【2019年F1第2戦バーレーンGP】の画像

2019年F1第2戦バーレーンGPがバーレーン・インターナショナル・サーキット(5.412km/57周)で行われ、F1の歴史に刻まれるであろうドラマティックな展開で幕を閉じました。

この日の主役は今シーズンからフェラーリに移籍したシャルル・ルクレール。1997年10月16日生まれ(21歳)、モナコ出身のルクレールはF1の登竜門であるF2で2017年にデビューイヤーにしてシリーズチャンピオンを獲得。さらに翌年からザウバー(現アルファロメオ・レーシング)でF1フル参戦デビューをし注目を集めていました。

映画「ハリー・ポッター」の主人公に似た(本人も自身のSNSで変装した写真を投稿するほど!)甘いフェイスで、F1女子の間でも人気が出そうなオーラを放っており、サーキットで一緒に写真を撮ってもらったことがあるのですが、179cmとスタイルも良くめちゃくちゃかっこいいんです!

そんなルクレールがバーレーンGPで本領発揮! フリー走行1と3でトップタイムを、更に予選ではキャリア初となるポールポジションを獲得しました!!

2番手はチームメイトのセバスチャン・ベッテル。「スタートからチームメイトバトルが勃発したらどうしよう」とドキドキしながら、TVの前で正座してその時を待ちます。

さぁ、ついに決勝スタート! スタートで出遅れたルクレールはベッテルに抜かれてしまいます。

さらに4番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)が好スタートをきめ、ルクレールの背後へ。ターン2〜3の立ち上がりでボッタスにもパスされ、オープニングラップ終了時点で首位ベッテル、2位ボッタス、3位ルクレールと大きく順位が入れ替わりました。

しかしルクレールは2周目のメインストレートでボッタスをパスし、2番手へ浮上! スタートから目間狂い順位争いに、深夜にも関わらずアドレナリン大放出です。

さらに5周目にファステストラップを更新すると、ベッテルの1秒以内へ! 「僕のほうが速いよ」と訴えると翌周の1コーナーでベッテルをパス!! トップの座を取り戻します。

スタート直後は「まだフェラーリは早かったか・・・」と思いましたが、このアグレッシブな走りに「もう新人ドライバーと言わせないぞ」という気迫さえ感じられ、将来が楽しみになった瞬間でした。

ルクレールはこの後、すばらしい走りでチームメイトのベッテルを大きく引き離し、他の上位勢と同じく2度のタイヤ交換を終えます。

ここまでくるとルクレールの勝ちを信じて疑わなかった私。「シャルル・ルクレールがキャリア初優勝!」と記事を作成していたほどです。

呑気に執筆しながら見ていた45周目、「エンジンがおかしい」という衝撃の言葉が飛び込んで来ました。

「え!どういう事!?」と慌ててTVに目を向けると、明らかにルクレールのペースが遅い……。周回遅れのマシンにも抜かれていきます。

ベッテルのスピンにより2番手に浮上したルイス・ハミルトン(メルセデス)と9秒あった差が残り10周になったところで1秒になり、48周目の最終コーナー手前でハミルトンがいともたやすくルクレールをパス。

レースは最後まで何が起こるか分からないのが面白い所でもあるのですが、こんなことってありますか(涙)。目の前に見えていた初優勝があっという間にくずれ落ちていきました。

さらに54周目にはボッタスが軽々とオーバーテイクし、3番手まで順位を落とします。

「せめて表彰台に立たせてあげたい!」と思っていたら、今度はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が5秒後方まで迫ってきます。このままいくと、レース終了直前で抜かれる……。日本人としてレッドブル・ホンダの3位表彰台を見たいけれど、今日は空気を読んで〜と願わずにいられなかったのはきっと私だけじゃないですよね。

と、ここでルノー2台がトラブルのためコース脇にマシンを止めるというアクシデントが発生! これによりセーフティカーが導入されました。

セーフティカーラン中は、追い越し禁止。残り2周、このままフィニッシュになればルクレールは3位表彰台に。しかしレースが再開すれば背後にせまるフェルスタッペンに抜かれるのが目に見えています。

結局、セーフティカー先導のままレースフィニッシュ。不運だったルクレールに最後の最後に運が向き、無事3位表彰台を獲得しました。

勝者のハミルトンにチームから無線でお祝いのメッセージが送られるも、「チャールズ(ルクレール)はかわいそうだったね。彼は本当に素晴らしいレースをしていたよ。僕らはもっと仕事をしなければいけないね」と返答。

さらにハミルトンはマシンから降りるとすぐにルクレールの元へ行き何度も肩を叩いて慰めたり、表彰式前の控室では「まだキャリアが長いから大丈夫だよ。僕らの2倍はあるよ(笑)」とルクレールの気持ちを和ませようとしていた姿がとても印象的でした。

さて今回の主役、ルクレールはというと、レース後のインタビューで「しょうがないね。モータースポーツでは起きることだよ。もちろんがっかりしているけど、すごくアンラッキーな中でも最後にセーフティカーがあったからラッキーだったんじゃないかな。チームに感謝したい」と悔しさを表に出さず、むしろ謙虚な発言。なんて良い子なの〜(涙)。

今シーズンから導入されたファステストラップポイントを獲得したことですし、今回のレースを見て誰もがルクレールの速さを認めたはず!

もし私がルクレールだったらテンションだだ下がりで走るのを辞めたくなってしまいそうですが、「マシンをとにかくゴールまでもっていくように」というチームの指示に「やってみるよ」と冷静に答え、そしてその指示通りに走り続けたルクレールの姿に胸が熱くなりました。

いつか表彰台の真ん中に立てる日が来ることを信じています!

バーレーンGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
2/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
3/#16/シャルル・ルクレール/フェラーリ
4/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
5/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
6/#4/ランド・ノリス/マクラーレン
7/#7/キミ・ライコネン/アルファロメオ・レーシング
8/#10/ピエール・ガスリー/レッドブル
9/#23/アレクサンダー・アルボン/トロロッソ
10/#11/セルジオ・ペレス/レーシング・ポイントF1チーム

(yuri)

こんな展開ある!? 惜しくも優勝を逃したシャルル・ルクレールをもっと応援したくなった【2019年F1第2戦バーレーンGP】(http://clicccar.com/2019/04/03/731992/)

【関連記事】街中でもドライビングトレーニング!?「元F1ドライバー・井出有治を育てたマイカー5選」【SUPER GT 2019】カラーそっくり?Moduloカラーの64号車と34号車は見分けがつく?『試乗』最大の自動車体感イベント「モーターファンフェスタ2019」は4月14日開催!