日産ブースの主役はタイのユーザーにとって「憧れ」のSUV【バンコク・モーターショー2019】

日産ブースの主役はタイのユーザーにとって「憧れ」のSUV【バンコク・モーターショー2019】

日産ブースの主役はタイのユーザーにとって「憧れ」のSUV【バンコク・モーターショー2019】の画像

●オーバーフェンダー付きのピックアップと日本未発売SUVのテラに注目
3月下旬、タイ王国バンコク郊外で開催されたバンコクモーターショーでの日産ブースでの模様です。メインステージに展示されたのは電気自動車のリーフとSUVのエクストレイルでした。

インフラ整備はまだ進んでいないもののタイの人々の電気自動車に対する関心はかなり高いものとなっています。新しいもの好きということもありますが、環境やエネルギー問題に対する関心度も高く、またタイでは豊富な水を使っての水力発電が盛んで、電気を使うことがクリーンであるという印象が根付いていることもあります。

一方、より現実的なモデルとして注目されているのが、エクストレイルです。タイの山岳部はまだまだ未舗装路が多く、クロスカントリー車的な性能が求められることが多いのです。

多くは4WDのピックアップトラックがその役目を果たしていますが、ある種のあこがれ的存在としてフルカバーされたキャビンを持つSUVは存在しています。エクストレイルはそうしたモデルのなかでも手が出しやすいモデルとして存在しているのです。

エクストレイルの上級モデルとして用意されたのが「テラ」とネーミングされたモデルです。テラは日産の1トンピックアップであるナバラをベースとしたSUVです。かつて、日本にはテラノと呼ばれるSUV(当時はクロカン4WDもしくはRVと言われました)があり、それはダットサントラックをベースとしたモデルですので、血筋や考え方は一緒です。

もちろんそのベースモデルのナバラも展示されました。ナバラはタイでは人気のモデルです。メインの位置に展示されたナバラはブラックエディションというモデルでした。初代スカイラインGT-Rに装着されたようなリベット止め風のオーバーフェンダーをまとったモデルで、非常にスポーティな印象が漂うものでした。

そのほかにも日産は現地生産車で日本にも輸入されているマーチや、アルメーラ、ティアナ、ノート、シルフィ、そして昨年から導入されているスポーツモデルのGT-Rなどを展示しました。

(文・写真:諸星陽一)

日産ブースの主役はタイのユーザーにとって「憧れ」のSUV【バンコク・モーターショー2019】(http://clicccar.com/2019/04/06/734477/)

【関連記事】40周年を各社がバックアップし、大盛り上がりとなっているバンコクモーターショー【バンコク・モーターショー2018/事務局長インタビュー】【新型デイズ ハイウェイスター】前端のサブピラーを細くして視野角を拡大。運転しやすくなったデイズ ハイウェイスター世界初公開の新型セダン、コンセプトカーの「IMs」「IMQ」などを出展する日産自動車【上海国際モーターショー2019】