ヘプコ&ベッカーの新作ツーリングバッグ「XCEED」は軽さと耐久性を兼ね備えたアルミケース!【モーターサイクルショー注目TOPICS】

ヘプコ&ベッカーの新作ツーリングバッグ「XCEED」は軽さと耐久性を兼ね備えたアルミケース!【モーターサイクルショー注目TOPICS】

ヘプコ&ベッカーの新作ツーリングバッグ「XCEED」は軽さと耐久性を兼ね備えたアルミケース!【モーターサイクルショー注目TOPICS】の画像

■クラシカルなデザインの新作ソフトバッグ「LEGACY」も登場。ネイキッドバイクにピッタリ!
●プロト

自社製オリジナルパーツや用品に加え、世界のトップブランドの正規代理店を多数つとめるプロト。ブースではたくさんの新作が展示されていましたが、なかでも注目したいのがツーリングアイテムの充実です。

ヘプコ&ベッカーはドイツのツーリングケースブランド。高級感溢れるアルミケースの「XPLORER」シリーズや、アドベンチャーツアラーにぴったりのプラスチックケース「GOBI」シリーズなどがあり、ワンランク上のバイクツーリングを楽しみたいライダーに人気です。

今回はそんなヘプコ&ベッカーに新シリーズが加わるということで、来場者の注目を集めていました。それが「XCEED」シリーズ。軽さと耐久性を兼ね備えたアルミケースのトップグレードとして、タフなツーリングをこなすライダーにぴったりのモデルといえそうです。

さらにソフトバッグ「LEGACY」も発表。こちらはキャンバス地にレザーストラップを採用したクラシカルデザインで、ネイキッドやクルーザーにも似合いそう。

どちらにも共通しているのは、実用性を高めつつ、高級感があってドレスアップ効果も期待できるということです。

HEPCO&BECKER レガシーサイドバッグ C-Bow用
6万4260円

ブースにはデモマシンも多数展示。こちらはカワサキ Z900RSで、ヘプコ&ベッカーのレガシーサイドバッグを装着しています。Z900RSのスタイリングを損なわず、それでいて利便性は大幅にアップ。ツーリングライダーでなくとも、これなら欲しいと思う人は多いのではないでしょうか。

HEPCO&BECKER C-Bowサイドキャリア ブラック
3万3480円

サイドバッグには汎用品が多く、バッグのベルトを車体に結び付けるのが一般的です。対してヘプコ&ベッカーは車種専用のキャリアが設定されていて、スマートに取り付けられます。ワンタッチで取り外しできるのもポイントです。

BAGSTER タンクバッグ ネオビンテージ タンカー
1万2960円

タンクバッグはバグスター製。マップスペースを確保した実用性の高さはもちろん、ネオレトロに似合うフォルムにも注目。マシンシルエットを崩さず、むしろ見事な一体感を生み出しています。

IGAYA ミドルツーリングシートバッグ
1万1664円

そしてツーリングバッグといえば、昨年リリースされた「IGAYAバッグ」も見逃せません。モーターサイクルショーでは新たにミドルツーリングシートバッグを発表。容量は25〜33Lで、2〜3泊のツーリングに最適となっています。

他にも多数のカスタムパーツを展示。新型YZF-R25用アクラポビッチ製マフラーなど、発売が待ちどおしいアイテムがたくさんありました。

まるで戦前車のようなクラシカルなスタイルを持つ「Munro e-Bike」は、なんと電動バイク! Vツインエンジンのように見えるマシン中央部はバッテリーを内蔵するスペースとなっていて、デザインの妙が光る1台となっています。

(文:佐賀山敏行/写真:星野耕作)

ヘプコ&ベッカーの新作ツーリングバッグ「XCEED」は軽さと耐久性を兼ね備えたアルミケース!【モーターサイクルショー注目TOPICS】(http://clicccar.com/2019/04/05/734800/)

【関連記事】白バイと瓜二つに変身できる! 本家の白バイ隊員もお墨付き!? の完成度【モーターサイクルショー注目TOPICS】えっ、こんなスズキのスクーターあったっけ!? コスパ抜群なインポートモデルを発見【モーターサイクルショー注目TOPICS】デイトナのバイク用最新レーダー探知機は「移動式小型オービス」や「ゾーン30」にも対応!【モーターサイクルショー注目TOPICS】