DENSOがHV用の電動部品開発・生産体制強化で1,800億円投資へ

DENSOがHV用の電動部品開発・生産体制強化で1,800億円投資へ

DENSOがHV用の電動部品開発・生産体制強化で1,800億円投資への画像

世界的に環境規制が強まり、電動車の需要拡大が見込まれるなか、来年4月にトヨタ自動車から電子部品の事業移管を受けるDENSO。

同社は5日、ハイブリッド車用の電動部品開発、生産体制強化に向け、グループ全体で2018年度から2020年度末までの3ヵ年で約1,800億円の投資を行うと発表しました。

これまでハイブリッド車向けのインバーターやモータージェネレーター、マイルドハイブリッド用の電池パックなどの開発、生産を行なっており、更なる開発、生産体制の強化の一環で来年5月には電動開発センターの開設を予定。

先行開発から試作、実証、量産ラインの立ち上げ・安定化までを一貫して行うことで、電動化領域の製品開発のスピードアップを図るそうです。

(Avanti Yasunori・画像:DENSO)

【関連記事】

自動運転車の安全基準作りでトヨタなど3社がコンソーシアム設立へ
https://clicccar.com/2019/04/05/734262/

トヨタがハイブリッド技術の関連特許を無償開放。その理由とは?
https://clicccar.com/2019/04/03/733593/

トヨタのAI子会社がEV用バッテリーの「高精度寿命予測」を実現
https://clicccar.com/2019/04/01/730208/

フォルクスワーゲンがEV用バッテリー量産に向けて企業連合「EBU」を設立
https://clicccar.com/2019/03/23/725034/

【関連リンク】
DENSOhttps://www.denso.com/jp/ja/

DENSOがHV用の電動部品開発・生産体制強化で1,800億円投資へ(http://clicccar.com/2019/04/08/735498/)

【関連記事】トヨタブースに展示された「超過激」なハイラックス【バンコク・モーターショー2019】【週刊クルマのミライ】フォルクスワーゲンが市街地でレベル4自動運転の実験を開始。完全自動運転が近づいた!トヨタブースに展示された新型ハイエースはウィンドウをブラックアウト。その理由は?【バンコク・モーターショー2019】