助手席にある機械の正体は? 2018年ダカールラリー優勝マシンに同乗させてもらいました【MOTOR SPORT JAPAN 2019】

助手席にある機械の正体は? 2018年ダカールラリー優勝マシンに同乗させてもらいました【MOTOR SPORT JAPAN 2019】

助手席にある機械の正体は? 2018年ダカールラリー優勝マシンに同乗させてもらいました【MOTOR SPORT JAPAN 2019】の画像

●今年もモータースポーツの祭典開催!
春のお楽しみイベント「MOTOR SPORT JAPAN 2019」に行ってきました!

今年で14回目の開催となった「MOTOR SPORT JAPAN」には、世界が注目する日本のモータースポーツが大集結! 会場となったお台場、青梅臨時駐車場周辺の満開の桜が104,474人(2日間合計)のお客さんを迎えてくれました。

メインとなるアクティブゾーンには国産自動車メーカー9社/10ブランド、輸入車インポーター3社/3ブランドに加え、関連メーカーや出版社も出展。自社製品のPRや物販、ドライバートークショーなど、それぞれのブースで盛り上がりをみせていました。

そしてスーパーGTなどの国内カテゴリーマシンから、2017年WEC(世界耐久選手権)参戦マシンのトヨタTS050 HYBRID、さらには電気自動車のF1・フォーミュラEに今シーズン(2018年〜2019年)から参戦している日産フォーミュラEカーも展示! モータースポーツファンにはたまらない夢のような空間で、「こんなに撮ったっけ!?」とカメラを見返してぞっとするほど写真を撮りまくっていたようです。

●歴代のHONDAマシンが勢揃い!
個人的に胸アツだったのが、エクスペリエンスゾーンで行われた「Legend of the HONDA」。歴代のHONDAモータースポーツを彩った2輪、4輪のマシンが多数展示されており、F1では初優勝を飾ったRA272(1965年)、ウィリアムズホンダFW09(1984年)、F1王者ジェンソン・バトンの初優勝マシンRA106(2006年)、そして昨シーズンからパワーユニット供給をしているトロロッソ・ホンダSTR13(2019年カラーリング仕様)の4台が鎮座。

歴代のマシンを見比べながら、F1の歴史を感じることができました。

●一番の盛り上がりを見せていた特設走行エリア
特設走行エリアではスーパーGT参戦マシンや全日本ラリー参戦車両、D1車両など多様なレーシングカーがデモ走行を行い、目の前で見る迫力あるパフォーマンスにお客さんは大盛り上がり! さらにカテゴリーの垣根を超えたレース車両が一斉に並べられたグリッドウォークや、トップドライバーによるメーカー対抗カートレースなども行われ、一瞬たりとも見逃せない(ある意味ハードだったかも……)豪華イベントだったのですが、なんと入場無料なんです!!

無料ということもあるのか、お台場に遊びに来たカップルや家族連れ、外国の方なども多く、普段のサーキットとは少し違うなんだか新鮮な雰囲気でした。このイベントをきっかけにモータスポーツに少しでも興味を持ってくれたら嬉しいなぁ、なんて思ったり。

●同乗走行抽選は朝から長蛇の列!
当日、私が会場に到着したのは8時30頃。開場時間(9時)前にも関わらず、メインゲートの横にはたくさんのお客さんが並んでいました。

実はこの列、「MOTOR SPORT JAPAN」の人気プログラム、体験同乗走行の抽選待機列だったのです。

体験同乗走行に登場したのは、D1車両、ダカールラリー日野レンジャー、ハイパフォーマンスカー、ワンメイク&レーシングマシンと超豪華! これは早朝から待機列ができるのも納得です。

そしてありがたいことに、ダカールラリーのトラック部門・排気量10リッター未満クラスで9連覇を達成した日野レンジャー(2018年優勝マシン)に同乗させてもらうことができました!

●憧れの日野レンジャーにドキドキ☆
「いつか乗ってみたいな」と憧れだった日野レンジャー。走行している所は何度か見たことがありますが、いざ目の前で見るとその大きさに圧倒され、乗り込む前からドキドキしてきました。

助手席には足台を使って乗り込むのですか、結構高い…。高所恐怖症の私には冷や汗ものでしたが、なんとか無事に乗り込むことができました。良かった〜。

ドリフトマシンやラリーカー、スーパーカーの同乗は「きっとこんな動きをするんだろうな」とある程度想像できますが、日野レンジャーは全く想像できない! 未知数の体験に緊張度MAXです。

助手席に座ると、コースはもちろんイベントブースまで見渡せるほどの視界の良さにびっくり! 勢いよく走り出した日野レンジャーはとてもトラックとは思えない、レーシングカーと同等と言っても過言ではない走りを繰り広げます。

車高が高い分、路面と距離があるのでまるで空を飛んでいるよう! きっと空飛ぶ魔法の絨毯ってこんな感じなんだろうなぁ。

あまりにも楽しくて、なぜか笑いがとまらない私。するとドライバーの菅原照仁選手から「さっき子供を乗せたけど、静かに乗ってたよ(笑)」と笑われちゃいました。

走行が終わり、ダカールラリーではどのような動きをするのか訊ねてみると「路面コンディションが悪いし、スピードも出すから今よりもっと激しい動きをするよ」とのこと。

今より激しいだなんて、全く想像できません(汗)。

気になったのが、助手席にあった様々な機械達。これらはナビゲーター用の情報機器で、走行中、車内からの操作でタイヤの空気圧の調整が可能なのだそうです。

2週間かけて約1万キロにわたる砂漠や砂丘、荒野などの道なき道を走り続け、総合タイムを競う世界一過酷と言われるダカールラリー。路面コンディションに合わせてタイヤの空気圧も自分たちで調整しなければならないのですね。

菅原選手、貴重な体験をさせていただきありがとうございました!

(写真/高橋 学、文/yuri)

助手席にある機械の正体は? 2018年ダカールラリー優勝マシンに同乗させてもらいました【MOTOR SPORT JAPAN 2019】(http://clicccar.com/2019/04/20/735793/)

【関連記事】ドリフトの凄さを体感! D1ドライバー「ポンちゃん」こと、デイチャポン・トオインチャロン選手のマシンに同乗【MOTOR SPORT JAPAN 2019】WRC日本ラウンド招致に向けたプレイベント開催が発表!招致準備委員会の準備は意外なところまで?【MOTOR SPORT JAPAN2019】新体制のTOYO TIRESワークス「チームトーヨータイヤドリフト」がすご技を連発! タイと日本のドリフトファンの違いとは?【MOTOR SPORT JAPAN2019】(PR)