トヨタの「HV関連特許無償開放」は、VWのEV戦略への対抗策だった?

トヨタの「HV関連特許無償開放」は、VWのEV戦略への対抗策だった?

トヨタの「HV関連特許無償開放」は、VWのEV戦略への対抗策だった?の画像

■トヨタのハイブリッドに関する特許は2万件を超える!
2万件以上に上るHV(ハイブリッド車)関連特許の無償開放を発表したトヨタ自動車。同社は長きに渡るHV開発で得たノウハウを特許として蓄積しており、製品化の際の技術サポートについても提供する考えのようです。

一方では独・VWが先頃、EV(電気自動車)専用プラットフォーム「MEB」(Modular Electric Toolkit)の他社への販売を表明。大規模な販売目標を掲げており、MEBのコストダウンにより、EV化を加速させる構えをみせています。

ただ、EV普及には充電用のインフラ整備や航続距離に起因する実用性など、現時点では解決すべき課題が多いのも事実。

そこでトヨタとしてはVWのEV化戦略への対抗策として、HV技術の開放により仲間作りを積極化。並行して今後のEV商戦に向け、EVに転用が利くHV主要パーツのコストダウンを急ぐ手段に出たものと思われます。

今回のHV関連特許開放は一見、慎重派のトヨタらしからぬ大胆な動きに見えますが、VWの動きを勘案すると、トヨタのHV関連特許開放は将来のEV普及を見据えた前哨戦といえそうです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA ・VW)

【関連記事】

トヨタがハイブリッド技術の関連特許を無償開放。その理由とは?
https://clicccar.com/2019/04/03/733593/

フォルクスワーゲンがEV用バッテリー量産に向けて企業連合「EBU」を設立
https://clicccar.com/2019/03/23/725034/

独・フォルクスワーゲンが2030年に約4割をEV化する方針を表明
https://clicccar.com/2019/03/07/714580/

フォルクスワーゲンが2025年までに50車種を超えるEVを市場投入する!?
https://clicccar.com/2019/01/31/694610/

トヨタとパナソニックがEV用バッテリー開発で2020年に新会社設立へ
https://clicccar.com/2019/01/22/688762/

【関連リンク】

VW MEB(Modular Electric Toolkit)
https://www.volkswagen-newsroom.com/en/modular-electric-drive-matrix-meb-3677

トヨタの「HV関連特許無償開放」は、VWのEV戦略への対抗策だった?(http://clicccar.com/2019/04/09/736995/)

【関連記事】【TOYOTA新型RAV4試乗】雪上で乗ってわかったトヨタ新型RAV4がRAV『4』であってRAV『2』ではない魅力とは?【新型トヨタ・RAV4 デビュー】「ダイナミックフォースエンジン」を積む2.0Lガソリンのオンロードの走りは?【新型トヨタ・RAV4 デビュー】大柄な大人4人でも広々。気になる居住性、積載性をチェック