現地生産をスタートさせたスバル。関税がかからない「国産車」を中心に出展【バンコク・モーターショー2019】

現地生産をスタートさせたスバル。関税がかからない「国産車」を中心に出展【バンコク・モーターショー2019】

現地生産をスタートさせたスバル。関税がかからない「国産車」を中心に出展【バンコク・モーターショー2019】の画像

●現地生産の始まったフォレスターとXV、イメージリーダーのBRZを展示
3月下旬、タイ王国バンコク郊外で開催されたバンコクモーターショーでのスバルブースでの模様です。昨年はメインストリートから外れた場所でブース展開を行ったスバルですが、今年はメインストリートでの展示となりました。

スバルは従来マレーシアで製造していたフォレスターを今年3月からタイの工場での生産に切り替えました。フォレスターは2リットルエンジンモデルのみが設定されています。価格は「国産車」ということで比較的リーズナブルな103万バーツから113万バーツ(約360万円〜約395万円)となっています。

また、XVもASEAN圏内のマレーシアで製造されていますから、関税がかからず97万バーツから101.5万バーツ(約340万円〜約355万円)となります。

ちなみに日本から輸出されているレヴォーグは1.6リットルで、182万800バーツ(約637万円)、2.5リットルエンジンのアウトバックは207万7800バーツ(約727万円)となります。スバルがタイで販売するモデルで最も高価なのがWRX STIで、価格は279万800バーツ、日本円に換算すると976万円にもなる高級車となるのです。

今回、レヴォーグやアウトバック、WRX STIなどは展示されませんでしたが、イメージリーダーとなるBRZが展示されていました。BRZはMTが185万800バーツ、ATが192万800バーツと日本円で650万円を超える価格となっています。

今年3月に稼働したばかりのスバルのタイ工場ですが、今後はさらに生産車種、生産台数ともに拡大することでしょう。もともと4WDとの親和性が高く、ラリーなどにも関心が高いタイですから、タイでの生産が本格的になってくるとシェアを伸ばしてくることが予想されます。

(文・写真:諸星陽一)

現地生産をスタートさせたスバル。関税がかからない「国産車」を中心に出展【バンコク・モーターショー2019】(http://clicccar.com/2019/04/13/737541/)

【関連記事】新型SUBARU アウトバックが世界初公開【2019ニューヨーク国産オートショー】【新車】SUBARU BRZに新色の「マグネタイトグレー・メタリック」が設定スバル新世代デザインはレガシィから始まった。80年代は技術とデザインの幸福な融合!【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】