新型ホンダ・フィットのプロトタイプをキャッチ、ついに市販型デザインが見えた!

●新型フィットはルーフレール装備でSUV寄りデザインに!?
ホンダの人気コンパクトモデル「フィット」の次期型プロトタイプを半年ぶりにカメラが捉えました。

捉えた最新開発車輌はカモフラージュがかなり落とされており、フロントエンドには大型のヘッドライト、新グラフィックのLEDデイタイムランニングライト、3本の横スラットが入ったグリル、大口のコーナーエアインテークやリップスポイラーなどが見てとれます。

リアエンドには、現行モデルから刷新され、リアゲートに伸びる薄くワイドなテールライトのデザインまで露出しているのがわかります。

さらに、Aピラーからルーフエンドまでラウンドしたボディシルエットが見てとれ、ルーフレールを装着した姿はクロスオーバー寄りのイメージを感じます。

最新情報によると、パワートレインは1.0リットル直列3気筒エンジン、最高出力110psを発揮する1.3リットル直列3気筒ガソリンエンジン、最高出力153psを発揮する1.5リットル直列4気筒+「i-MMD」ハイブリッドモデル、航続300kmのEVなどのラインアップが予想されます。

ワールドプレミアは最速で2019年後半、遅れれば2020年前半となるでしょう。

(APOLLO)

新型ホンダ・フィットのプロトタイプをキャッチ、ついに市販型デザインが見えた!(http://clicccar.com/2019/04/11/738243/)

【関連記事】メルセデス・ベンツ Cクラス、次期型プロトタイプが走った! ボディサイズはどうなる?ホンダ クロスカブとスクランブラースタイル。その相性がバッチリなことを証明する1台!【モーターサイクルショー注目TOPICS】日産・リーフとの勝負は? ルノー最小EV「ゾエ」の新型は大幅パワーアップで今秋にも登場