平成最後のポールポジションはMOTUL AUTECH GT-R!【SUPER GT 2019】

平成最後のポールポジションはMOTUL AUTECH GT-R!【SUPER GT 2019】

平成最後のポールポジションはMOTUL AUTECH GT-R!【SUPER GT 2019】の画像

4月13日〜14日に岡山国際サーキットで開催の「2019 AUTOBACS SUPER GT Round1 OKAYAMA GT 300km RACE」。4月13日14時45分から予選が行なわれました。

平成最後のSUPER GTでGT500のポールポジションに輝いたのは23号車 MOTUL AUTECH GT-R。Q1からQ2へ進んだ8台のうち6台がコースレコード、そして4台すべての日産がQ2進出という好調ぶりで、それだけでも日産陣営復活の狼煙といえるかもしれません。

Q2では1分16秒台に突入するか否かが勝負の分かれ目と言われていたところ、1号車RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴選手がが残り時間2分を切ったところで1分16秒950という16秒台突入!

このまま予選が終わるかのように見えましたがすぐさまMOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリ選手が1分16秒602というとんでもないタイムでコントロールラインを通過。

その様子をモニターで見ていたRAYBRIG NSX-GTのQ1を担当したジェンソン・バトン選手は驚きを隠せない様子。

そのまま予選Q2はタイムアップ!MOTUL AUTECH GT-Rがポールポジションを獲得しました。

GT300クラスは55号車ARTA NSX GT3のルーキー福住 仁嶺選手がこちらもコースレコードとなる1分24秒889をQ2序盤でたたき出すと、96号車K-tunes RC F GT3の阪口晴南選手が1分24秒905というタイムらストラップでたたき出すも届かず、ARTA NSX GT3がポールポジションを獲得しました。

GT300の予選ではARTA NSX GT3もK-tunes RC F GT3もともにルーキーがコースレコードを破るという大活躍を見せ、ドライバーの新世代到来を予感させる結果となりました。

またGT300では予選1位から4位までがすべてブリヂストンタイヤとなっており、タイヤ戦争の激化も垣間見ることができる内容となっています。

しかしドライ路面で行われた予選ですが決勝では雨の予報もあり、素直に予選順位通りのレース展開になるとは思いにくい場面展開が予想されます。

2019年のオープニングウィナー、そして平成最後のSUPER GTを制するのはどのチームか?決勝は4月14日の14時30分レーススタートです。

(写真・文:松永和浩)

平成最後のポールポジションはMOTUL AUTECH GT-R!【SUPER GT 2019】(http://clicccar.com/2019/04/14/740841/)