これが新型「MR2」か? トヨタがミッドシップスポーツを商標登録

これが新型「MR2」か? トヨタがミッドシップスポーツを商標登録

これが新型「MR2」か? トヨタがミッドシップスポーツを商標登録の画像

トヨタが新型ミッドシップスポーツのデザイン商標登録を4月8日に完了していることがわかりました。

入手したパテント画像から判断すると、フロントオーバーハングが極端に切り詰められ、リアにボリュームがあるボディスタイルが見て取れることからもミッドシップと思われます。また、Bピラーからトランクリッドまで一気に伸びるファストバックルーフが印象的なデザインです。

トヨタのチーフエンジニア・甲斐氏は以前から「スープラを復活させたので、次はセリカとMR-2だ」と語っています。トヨタは2017年に「セリカ」の商標登録を完了しているほか、以前にはこの3台を「ザ・スリー・ブラザース」と呼んでおり、パテント画像登録からも、これがMR2新型の可能性があるようです。

新型「MR2」のパワートレインは、2.0リットル水平対向直列4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドが予想され、発売が実現するならばワールドプレミアは最短で2021年、遅くとも2025年までの登場が期待されます。

(APOLLO)

これが新型「MR2」か? トヨタがミッドシップスポーツを商標登録(http://clicccar.com/2019/04/16/741781/)

【関連記事】450psのスーパーワゴン「アウディ・RS4アバント」が大変身。改良型プロトタイプを初キャッチトヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】メルセデス・ベンツ 新型CクラスのPHEVモデルを初スクープ!EV走行距離は驚異の100km