450psのスーパーワゴン「アウディ・RS4アバント」が大変身。改良型プロトタイプを初キャッチ

アウディは「A4」ファミリーのフェイスリフトを順次進めていますが、その最強モデルとなる「RS4 アバント」の改良型プロトタイプを、フィンランド山中でカメラが初めて捉えました。

捉えた開発車両は、カモフラージュも軽くディテールが確認できます。現行モデルのように、ヘッドライトのアウトラインに段差は見られず、シャープなデザインに。シングルフレームグリルは薄くワイドになり、上部がボンネットフード開口部から離されています。

またコーナーエアインテークは、より鋭く内側へ切れ込んでいるのが見てとれ、リアエンドには「A6」に似たグラフィックを持つテールライトが露出しています。また「RS」特有の大型楕円形ツインエキゾーストパイプが装備されています。

パワートレインは、キャリーオーバーが濃厚です。ポルシェ製2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は450ps・最大トルク600Nmを発揮。引き続き、8速ティプトロニックトランスミッションとフルタイム4WDシステム、クワトロが組み合わされるはずです。0-100km/h加速は4.1秒ながら11.2km/Lの燃費を実現しており、オプションの「RSダイナミックスパッケージ」を選択すれば最高速度は280km/hまで向上します。

室内では、大型タッチスクリーンを備えた最新世代のインフォテインメントシステムを搭載し、3つのデジタルスクリーンは「A6」からインスパイアされたレイアウトが予想されます。「RS4アバント」のワールドプレミアは2020年以降が有力です。

(APOLLO)

450psのスーパーワゴン「アウディ・RS4アバント」が大変身。改良型プロトタイプを初キャッチ(http://clicccar.com/2019/04/16/741790/)

【関連記事】メルセデス・ベンツ 新型CクラスのPHEVモデルを初スクープ!EV走行距離は驚異の100kmトラブル発生? 発売前のBMW「4シリーズ カブリオレ」が走行前にレスキューを要請新型・日産ジューク、市販型デザインがついに見えた。EVも発売!?