元F1ドライバー・井出有治、怒涛の鬼スケジュール!? の一日を追ってみた!【モーターファンフェスタ2019】

元F1ドライバー・井出有治、怒涛の鬼スケジュール!? の一日を追ってみた!【モーターファンフェスタ2019】

元F1ドライバー・井出有治、怒涛の鬼スケジュール!? の一日を追ってみた!【モーターファンフェスタ2019】の画像

2019年4月14日(日)、弊社主催イベント「モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ」が行われました。4回目の開催となった今年は総入場者数23,150人。ご来場いただきましたたくさんの皆様、ありがとうございました!

さて、この「モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ」には、元F1ドライバー&我がclicccarテストドライバーの井出有治さんが、clicccarのイベントレポーターとして遊びに来てくれることになりました。なので何よりも心配だったのが…天気! なぜ? それは…井出さんが自他ともに認める「雨男」だから(笑)。

案の定、4/12の搬入前日の時点での天気予報は「午前曇り降水確率30〜40%、12時50%、15時70%…」と出ています。ここは私の超晴女パワーを全開に出しましょう!(←結果は…笑)

ということで、モーターファンフェスタ2019で大活躍していただいた井出有治さんを、開催前から追っかけてみた報告です!
■全日本EVレース3日前に参戦マシン「トヨタMIRAI」とご対面

モーターファンフェスタ2019で井出さんに参加をお願いしたコンテンツのひとつ「全日本 富士EV 40kmレース大会」。電気や水素で走るEVカーのみで争われる2019全日本戦のRd.1に、我が三栄の『社用車』である「トヨタMIRAI」(水素自動車)がイベントを記念してスポット参戦することに。

チーム監督である三栄モーターファン編集局長・鈴木さんから「イベント主催者としてはリタイヤやクラッシュは避けたい。井出さんならトラブルなく完走してもらえそうだから頼んでみて!」と。「でもボク、1回もMIRAI乗ったことないですけど…」という井出さんに「モノは経験!」との一言でドライバー決定!

参加受理書に署名や捺印をもらったり、レース3日前たまたま来社した井出さんを引っ張って地下駐車場で眠るMIRAIと対面。時間が無く試乗はかなわなかったけど、「エンジンは無いですからね」「え?」みたいな会話が笑えます。
■なに〜!? ステッカーをドライバー自ら貼らせるという修行!?
モーターファンフェスタ2019で井出さんに参加してもらうコンテンツの中で、事前作業が必要だったのは…。

4/13(土)搬入日、私のDRAGレース仲間であるTETSUエンジンサービス・佐藤哲也社長に積車をお願いし、富士スピードウェイまで運んだEVレースに参加するMIRAIと、ルノー・ジャポン・イベント内で行われる「ルノー・スポール カップ」でタイムアタックをするメガーヌR.S. カップ、この2台の車両にステッカーを貼ることでした。

当初はclicccarやMotorFanロゴのステッカー作成者(業者)が「取材込み(貼るところを記事にする)で貼ってくれる」ハズだったのが、急遽来れなくなり…。鈴木チーム監督ほかモーターファン編集部員はイベント準備で忙しくピットに来れない…。

え? まさか私と井出さんで貼れってこと!? でも、やるしかない。そこで…。

井出さんの個人スポンサーである(株)トライボジャパンMoty’sさんと、たまたま来ていた井出さんFanの方を招集し作業開始!

「ステッカー貼りなんてシビックやマカオF3レース以来ですね〜!」という井出さんの作業が素晴らしい!「あ〜!」とか「ヤベッ…」とか「もっと右が上!」とか言いながら(今思えば)楽しい作業となり、(良く言えば)チームがひとつになった感覚!? 無事に2台の車両に大量のステッカーを貼り終え、さぁ、明日の本番頑張りましょう!

■富士山も顔を出すお天気! が、そこには分刻みのスケジュールが待ち受けていた!!
いよいよモーターファンフェスタ2019当日です! 早朝の時点では富士山が顔を出してくれるほどのお天気!!

【7:00】 朝ごはんタイム

FSWに到着〜朝ごはんタイム。しっかり食べてもらって本日のスケジュールをこなしていただかないといけません。なんたって…午前中は特に分刻みなんですから!!

【7:30〜7:50】 ルノー・スポールカップ・ブリーフィング

まずは、ルノー・ジャポン主催の「ルノー・スポールカップ」(タイムアタック)のブリーフィングです。一緒に走らせていただくルノー・オーナーの皆様にちょこっとご挨拶を…と思ったらマイクを渡され「FSWを走るアドバイスを!」とふられ焦る井出さん。

一般のお客様と走るといってもそこはプロのレーシングドライバー。タイムで負けるわけにはいきません=皆さんがライバル!? 事故なく楽しく走りましょう!

【8:15〜8:30】 EVレース・ブリーフィング

「全日本戦」の名がつくEVレース、スポット参戦といえどしっかりブリーフィングに参加です…けど井出さん、眠そう!? 「電気が無くなり走れなくなったら走行ラインを外して停止を…」初めて聞くフレーズです。

【8:30〜8:50】 ルノー・スポールカップ・ウォームアップラン

いよいよ本コース走行です! EVレースのブリーフィングがちょっと長引き、途中からの参加。メガーヌR.S. カップは1.8Lターボですが、2Lオーバークラスでの参加です。クルマやタイヤの様子を見ながらウォームアップラン。井出さん、ようやく目と頭が覚めたようです!

【9:15〜9:30】 EVレース公式予選

初めてMIRAIをちゃんとドライブするときがやってきました。でも、それが公式予選とは…申し訳ない即席ポンコツMotorFanレーシングチーム。「チームはポンコツでもクルマはノーマルでちゃんとしてるでしょ? なら大丈夫! アレはクルマがポンコツだったから(笑)」…なにやら重〜い言葉で井出さんから励まされます。

【9:35〜9:55】 ルノー・スポールカップ・タイムアタック

EVレース公式予選から5分後には、井出さんが一番楽しみにしていたメガーヌR.S. カップでのタイムアタックです。「MIRAIとメガーヌだとクルマが違い過ぎて頭の中がこんがらがる!」と笑いながらスタート! 他の参加者の方とあまりからまないよう、全体の様子を見てコースイン。井出さんお気に入りのメガーヌR.S. カップでさすがのトップタイムをマークです!

【10:30〜11:00】 ジャガー・スマートコーン・チャレンジ

最新のジャガーEVカー、真っ赤なI-PACEでチャレンジした「ジャガー・スマートコーン・チャレンジ」はV-OPTの撮影もあります。初めて乗るI-PACE、緑と青に点灯するパイロン(コーン)を無駄なく速くスマートに走らなければいけません。見ているコッチは「違うってば、アッチの緑だって〜!」と笑いながら、でも結果「走行ラインは素晴らしい!」でした。

【11:30〜11:50】 ルノー・スポール・ジャンボリー2019 in MFF参加の皆様と記念撮影

ルノー・ジャポン代表取締役社長・大極 司氏と参加者の皆様との記念撮影にも参加です。トラブルや事故なく無事に終了したタイムアタック、皆様ありがとうございました!

【11:50〜12:25】 ランチタイム

ここまでホントに怒涛の分刻みスケジュール…お疲れ様でした〜! ようやく一息しつつランチタイム。でも、ゆっくりもできません…次、行きますよ!

【12:30〜12:50】 ルノー・トークショー

Aパドック前のメインステージで行われたのは、ルノー・ジャポンよりお誘いいただき参加したトークショー。司会はマナピー鈴木学さん。clicccar小林編集長も参加して3月に行われた「メガーヌR.S. カップ」試乗会の話や、この日の午前中に行ったタイムアタックの話を中心に笑顔の中、行われました。「いつまで『元F1ドライバー』の肩書き使うの?」(マナピー鈴木)「いや、まだイケるでしょ!」(井出)…!

【13:40〜15:45】グリッドウォーク〜EVレース決勝準備

モーターファンフェスタのメインベントともいえるグリッドウォークにEVレース用MIRAIもコースイン。ピットアウトして最後尾につけるまではドライバー(井出さん)が動かさなければいけません。ピットアウトまでの待ち時間は…お昼寝です。

グリッドウォーク〜EVレース決勝までの時間はなるべく井出さんに負担をかけないよう、一旦ピットに戻って休憩タイムとしたため、グリッドウォークで会えると期待していた皆さん、ごめんなさい!

【15:45〜16:20】 EVレース決勝

いよいよEVレース決勝です! 前日から、同じMIRAIで参戦している国沢光宏さんや、チームNATS日本自動車大学校の金井亮忠さん、海老原NATS元講師にMIRAIでの上手いレースの運び方アドバイスをしていただき、ノントラブル完走を目指します!

そして、EVレース終了とともに分刻みの怒涛の一日が終わりました。そして、ここでご褒美!?
【おまけ】 「懐かしい風景!」(井出さん)

2006年、欧州の大人の都合?でF1チャレンジは終了してしまいましたが、やはり井出有治選手にはフォーミュラマシンが似合いますね! 頭部保護システム「Halo」(ハロ)が装着されていても何も問題なくすんなり乗れてしまうのはサスガでございます! HONDA様、お騒がせいたしました〜(笑)!

そんなこんなの怒涛の一日はこんな感じの流れでした。こんな酷いスケジュールを組んでしまったのは私ですが(汗)。

「MFFに井出有治さんが来る!」と耳にしたいろんな部署から「ウチのイベントにも!」とお声がかかり、満杯スケジュールとなってしまいましたが、最後に「一日楽しかった〜!」と言っていただけて申し訳なさから救われました! 井出さん、ホント〜にありがとうございました。

井出有治選手の2019年レースですが、S-GTほか、国内での参戦は今のところ決定はありませんが(2019年4月17日現在)、韓国「CADILLAC6000」(S6000レース)は参戦6年目となる『KUMHO ECSTA RACING TEAM』から、4月27-28日に第1戦がスタートです。また全日本カート選手権OKクラスは『birelART RAGNO Racing』監督として、若手カーター・冨田自然(あるが)/木内しゅうまの2選手とともに参戦。井出有治選手の応援、よろしくお願いいたします!

そして、この怒涛の一日に行った各コンテンツの詳しくは、順次clicccarで公開していきますのでお楽しみに〜!

最後に…天気は悪天候予報だったけど雨降らず! 晴女の勝ちです(笑)

【協力感謝!】
トラスト・ヨコハマタイヤ・トライボジャパンMoty’s・TETSUエンジンサービス・チーム国沢・NATS日本自動車大学校

(文:永光 やすの/写真:前田 惠介・栗原 淳・井出 有治・丸山ご夫婦・永光 やすの)

元F1ドライバー・井出有治、怒涛の鬼スケジュール!? の一日を追ってみた!【モーターファンフェスタ2019】(http://clicccar.com/2019/04/17/742808/)

【関連記事】これが新型「MR2」か? トヨタがミッドシップスポーツを商標登録トヨタC-HRのEV版を世界初公開【上海国際モーターショー2019】ワーゲンバスのキッチンカーでもらったバタープレッツェルがうますぎた【モーターファンフェスタ2019】