ボルボV60から派生したクロスオーバーSUVの姿とは?【ボルボV60クロスカントリー試乗】

ボルボV60から派生したクロスオーバーSUVの姿とは?【ボルボV60クロスカントリー試乗】

ボルボV60から派生したクロスオーバーSUVの姿とは?【ボルボV60クロスカントリー試乗】の画像

●日本にマッチしそうなサイズ感。「V60クロスカントリー」が日本デビュー
ボルボ・V90クロスカントリーに続き、ステーションワゴン派生型のクロスオーバーSUVとして設定された「V60クロスカントリー」が日本デビューを果たしました。全長4785×全幅1895×全高1505mm、2875mmのホイールベースを持ち、最小回転半径は5.7m。

決して小さいとはいえないものの、全長4940×全幅1905×全高1545mmのV90クロスカントリーよりも全長は155mm短く、全幅は10mm狭く、全高は40mm低くなっています。ふた回りくらい小さい感じでしょうか。

最小回転半径は5.8mのV90クロスカントリーよりも0.1m小さくなっているだけですが、それでも狭い場所での駐車や取り回しなど、日本でもよりマッチするのはV60クロスカントリーの方です。

ベースとなるステーションワゴンのV60は、全長4760×全幅1850×全高1435mmで、クロスオーバー化とエクステリアデザインによりV60クロスカントリーよりも若干大型化。

V60クロスカントリーの美点は、ステーションワゴンそのものの積載性を備えながらや、フロアやシートが高すぎないことによる乗降性の良さ。さらに、背の高い本格SUVに匹敵する210mmの最低地上高を確保しているのも特徴で、これにより高い悪路走破性を担保。スキー場や林道を使った登山、キャンプなど日本の公道であればあらゆるアクティビティに対応できるはずです。

210mmの最低地上高は、V60よりも65mm高く、クロスオーバーならではのライフスタイルの豊かさを想起させる外観の雰囲気はもちろん、たいていの悪路なら余裕で走破する走りが魅力。ライバルとなりそうなアウディ・A4オールロードクワトロよりも40mm高い最低地上高が特徴となっています。

用意されるグレードは装備差により「T5 AWD」と「T5 AWD Pro」があるものの、「T5 AWD」が基本になります。搭載されるエンジンは2.0Lの直列4気筒直噴ターボで、アウトプットは254PS/5500rpm、350Nm/1500-4800rpm。組み合わされるトランスミッションは8AT。

V60クロスカントリーの価格は「T5 AWD」が549万円、「T5 AWD Pro」が649万円です。

(文/写真 塚田勝弘)

ボルボV60から派生したクロスオーバーSUVの姿とは?【ボルボV60クロスカントリー試乗】(http://clicccar.com/2019/04/17/743216/)

【関連記事】ボルボが危険な地点や滑りやすい路面などの情報を「車車間通信」で共有できるシステムを欧州全体で採用50台限定! 「ボルボ V40」にパノラマガラスルーフなど装備の特別仕様車【インターペット2019】ペット用品でも見られた、ボルボとフィアットのブランド・コントラスト