あなたはどの車を選ぶ? 新型トヨタ・RAV4とライバル国産SUVを4項目で比較【新車】

あなたはどの車を選ぶ? 新型トヨタ・RAV4とライバル国産SUVを4項目で比較【新車】

あなたはどの車を選ぶ? 新型トヨタ・RAV4とライバル国産SUVを4項目で比較【新車】の画像

●RAV4の登場で選択肢の広がったミドルサイズSUV
2019年4月10日、約3年ぶりに日本市場にミドルサイズSUVのトヨタRAV4が復活しました。国産ミドルサイズSUVといえば、強力なライバルがいるクラスです。そこで、新型RAV4のライバルと思われる車種をピックアップし、ボディサイズやパワートレイン、4WDシステム、価格帯の4項目を比較してみました。

今回、RAV4のライバルとして取り上げたのは、同じブランドのハリアーをはじめ、日産エクストレイル、マツダCX-5、スバルフォレスターの4台です。まずボディサイズから比較してみましょう。

RAV4は全長4600mm(アドベンチャー4610mm)×全幅1855mm(アドベンチャー1865mm)×全高1685mm(アドベンチャー1690mm)です。

ハリアーのボディサイズは全長4725mm×全幅1835mm×全高1690mm、エクストレイルのボディサイズは全長4690mm×全幅1820mm×全高1740mm(ハイブリッド車1730mm)。CX-5のボディサイズは全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm、そしてフォレスターのボディサイズは全長4615mm×全幅1815mm×全高1715mm(Xブレーク1730mm)となっています。

全長は3列シート仕様をラインアップするエクストレイルよりもプレミアムSUVとして人気のハリアーが最も長くなっていて、全幅はRAV4が唯一の1850mm超えとなり、全高はエクストレイルのガソリン車が1740mmと最も高くなっています。数値的にRAV4に最も近いボディサイズなのは全長が55mm短いですが、CX-5となっています。

続いては搭載しているパワートレインです。

RAV4は高い熱効率を実現した2L直4ガソリンエンジンと2.5L直4ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車の2種類を用意。2Lガソリン車は最高出力171ps、最大トルク207Nmを発生。燃費性能は新方式のWLTCモードで15.2km/L(FF車は15.8km/L)を実現しています。一方の2.5Lハイブリッド車のシステム最高出力は4WD車が222ps、2WD車は218psを発生。WLTCモード燃費は20.6〜21.4km/Lを実現しています。

ハリアーに搭載されているのは、最高出力151psを発生する2Lガソリンエンジンをはじめ、最高出力231psを発生する2Lガソリンターボエンジン、そして2.5Lガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドの3種類。燃費性能はJC08モードで2Lガソリン車が14.8〜16.0km/L、2Lターボ車が12.8〜13.0km/L、そして2.5ハイブリッド車は21.4km/Lとなっています。

エクストレイルは最高出力147psを発生する2Lガソリンエンジンとこのガソリンエンジンに41psを発生するモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2種類。JC08モード燃費はガソリン車が15.6〜16.4km/L、ハイブリッド車は20.0〜20.8km/Lとなっています。

CX-5は最近になってパワートレインを追加し最も多彩になりました。最高出力156psを発生する2Lガソリンエンジンをはじめ、最高出力188〜190psの2.5L自然吸気、最近追加された最高出力230ps、最大トルク420Nmを発生する2.5Lガソリンターボ。そして最大トルク450Nmを発生する2.2Lディーゼルターボの4種類。燃費性能はより実走行に近いWLTCモードで2Lガソリン車は14.6km/L、2.5L自然吸気車が13.0〜13.8km/L、2.5Lターボ車が12.2〜12.6km/L。そして2.2ディーゼルターボ車は16.6〜19.4km/Lです。

そしてフォレスターは最高出力145psを発生する2Lガソリンエンジンと13.6psを発生するモーターを組み合わせたe-BOXERと呼ばれるマイルドハイブリッドと最高出力184psを発生する2.5L自然吸気エンジンの2種類。燃費性能はWLTCモードで、e-BOXER車が14.0km/L、2.5L車が13.2km/Lとなっています。

ハリアーの2Lターボ車だけがハイオク仕様ですが、そのほかのガソリン車はレギュラー仕様で、CX-5のディーゼルは軽油です。一見するとハリアーの燃費がよく見えますが、これは測定方式の古いJC08モードでのもの。より実走行に近い新方式のWTLCモードはJC08モードよりも厳しい数値となるので、最新のダイナミックフォースエンジンを搭載したRAV4の燃費性能が優れていると言えます。

続いては4WDのシステムです。RAV4はE-Four(電気式四輪駆動)、ダイナミックトルクコントロール4WD、そして世界初となるダイナミックトルクベクタリングAWDの4種類を設定。新4WDシステムの「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は走行状況に応じて、前後のトルク配分に加えて後輪トルクを左右独立で制御する「トクルベクタリング機構」により、ドライバーの狙い通りのラインを安定した車両姿勢で駆け抜ける高い旋回性能を発揮するデバイスです。

ハリアーはE-Four(電気式四輪駆動)、ダイナミックトルクコントロール4WDの2種類、エクストレイルはインテリジェント4×4と呼ばれる切り替え可能な電子制御4WDシステムの1種類。CX-5はアイアクティブAWDと呼ばれる切り替えのできない電子制御4WDシステムの採用。そしてフォレスターはアクティブトルクスプリット AWDという電子制御4WDにX-モードという悪路走行時に4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールするデバイスを採用しています。

ハリアーとCX-5はオンロード向けの4WDシステムに対して、RAV4、エクストレイル、フォレスターはオフロード走行にも対応したシステムで、RAV4とフォレスターが悪路走破性を重視したシステムとなっています。

そして最後は価格を見てみましょう。RAV4の新車価格は260万8200円〜381万7800円で量販グレードのアドベンチャーは313万7400円です。

ハリアーの新車価格は294万9480円〜495万3960円、エクストレイルの新車価格は223万1280円〜380万4840円、CX-5の新車価格は257万400円〜355万8600円、そしてフォレスターの新車価格は280万800円〜309万9600円です。

プレミアムSUVを謳うハリアーの価格帯は高めで、モデルライフの長いエクストレイルは安めの設定です。RAV4と価格帯ではCX-5が最も近いですが、キャラクターが似ているのは車両本体価格291万6000円のフォレスターのXブレークでしょう。価格はフォレスターのほうが安いですが、室内の広さやラゲージスペースの広さ、そしてエンジンの燃費性能や排気量の違いによるランニングコストを考えるとRAV4に軍配があがります。

RAV4が登場したことで、これまで以上に車種選択の幅が広がった国産ミドルサイズSUV。あなたは一体何を基準に選びますか。

(萩原文博)

あなたはどの車を選ぶ? 新型トヨタ・RAV4とライバル国産SUVを4項目で比較【新車】(http://clicccar.com/2019/04/19/743760/)

【関連記事】新型RAV4登場で国産ミドルサイズSUVの中古車に異変あり!【中古車】日本「復活」もある? 4代目となる新型トヨタ・ハイランダーが世界初公開【2019ニューヨーク国産オートショー】新型EVが中国で相次いで発表される背景とは?