日本で売らないでどうする? レクサス初のミニバン「LM」ってどんなクルマ?【上海国際モーターショー2019】

●日本でもバカ売れ間違いない。でも現時点では計画なし
それにしてもスゴイ時代になりましたね。なんと、あのレクサスがミニバンを発売することになったのですから。

そのミニバンの名前は「LM」。世界初公開された場所は、中国の上海。上海モーターショーの会場でお披露目されました。ちなみに名称は「ラグジュアリー・ミニバン」の略かと思ったら、「ラグジュアリー・ムーバー」なのだとか。

ベースは、見てのとおり「ミニバン界のクラウン」ともいえる、「アルファード」&「ヴェルファイア」。そもそもアルファードやヴェルファイアの最上級グレードとして君臨する「エグゼクティブラウンジ」自体が電動リクライニング式の2列目を備えるなど「もはやこれはレクサスでは?」と思うほどラグジュアリーな仕立て。それをベースに、さらなるプレミアム化を果たしているというわけです。

ハイライトはなんといっても、1列目と2列目を隔てるパーティション、そして大きく立派な後席。LMには2列シート仕様と3列シート仕様があって、パーティションや最上級の後席が備わるのは前者のみ。もはや豪華なミニバンというよりも「背の高いリムジン」ですね。パーティションにはシャンパンを冷やす冷蔵庫や26インチのテレビも組み込まれていていて、こういうのを豪華絢爛っていうんでしょう、きっと。

これは日本でもバカ売れが約束されたようなもの……と思ったら、日本での発売計画はないのだとか。そんなこと言っている場合ではなく、これは明日からでも売るべきだと思いませんか?

ちなみにパワートレインはハイブリッドと3.5LのV6ガソリンがあり、仕向け地によってわけるそうです。

(工藤貴宏)

日本で売らないでどうする? レクサス初のミニバン「LM」ってどんなクルマ?【上海国際モーターショー2019】(http://clicccar.com/2019/04/18/744054/)

【関連記事】フロントグリルはレクサス史上最大! ついにレクサスがミニバンはじめる理由【上海国際モーターショー2019】新型EVが中国で相次いで発表される背景とは?レクサスRC F 初試乗! 走り出してすぐに分かる改善と進化【動画レポート】