【ボルボ V60 クロスカントリー試乗】さすが北欧の国が作ったクルマと呼べる仕上がり

【ボルボ V60 クロスカントリー試乗】さすが北欧の国が作ったクルマと呼べる仕上がり

【ボルボ V60 クロスカントリー試乗】さすが北欧の国が作ったクルマと呼べる仕上がりの画像

●ぶっといトルクが広範囲で溢れ出る「V60クロスカントリー」
ボルボからV60をベースにしたSUVテイストのモデル「V60クロスカントリー」が発売されました。今回、そのT5 AWD プロ(649万円。オプション価格を除く)に試乗することができましたので報告します。

「V60クロスカントリー」はV60をベースに全高を75mmアップし、ワイルドなテイストを加えたモデルです。全長は4785mm、全幅は1895mm。全高が1505mmとなります。最低地上高は210mmと非常に大きく取られており、実際の悪路走破性能も大きく向上しています。

万一険しい道に遭遇したときにも後輪にはブレーキLSDが装備されていますから安心。悪路での走行信頼性は高いと思います。

エクステリアでは、ボルボが共通して採用しているトールハンマー型のシグネチャーライトが特徴。これはウインカー作動時にはオレンジに点灯します。

グリル、バンパー下のプロテクションパーツ、サイドのオーバーフェンダー風パーツ等はクロスカントリー専用装備です。

ラゲッジルームの使い勝手は、さすがボルボだと思われるものがあります。荷室とバンパー部分の段差もなく、フラットになっています。スーパーのレジ袋などはラゲッジ床面のボードを立てればコンビニフックがありますのでかけておきます。

その状態でも広いのですが、荷室右側のスイッチを押せばワンアクションで自動的にリアシートが倒れ、広大な空間を確保してくれます。

前後シートは非常にたっぷりした造形のものです。

インパネに関しては中央に超大型・9インチTFTモニターを内包する、北欧らしいテイストデザインがなされました。

なおこのモニターではナビやオーディオのほか、エアコンの操作も可能です。

注目なのは全ての操作部分が大きく作られていることです。これによって(静電タッチ対応の)手袋をつけた状態でも、押し間違いをすることがなく操作できるということです。

さすが北欧の国が作ったクルマですよね。

2リッターの直噴4気筒ターボエンジンは254ps/5500rpmと35.7kgm/1500〜4800rpmの出力を持っています。

白眉は最大トルクが1500rpmから4800rpmに至るまでフラットに、長く維持されることです。このためほとんどの領域は最大トルクで走っていることになります。

昨今の同クラスの中では軽量に仕上げられたとはいえ、1810kgあるボディをぐいぐいと押し出して入ってくれる感覚は爽快の一言です。

(写真・動画・文/ウナ丼)

https://youtu.be/Ws4fZYvCcDc

【ボルボ V60 クロスカントリー試乗】さすが北欧の国が作ったクルマと呼べる仕上がり(http://clicccar.com/2019/04/24/744613/)

【関連記事】【BMW 850i試乗】スタイリッシュでジェントルそしてパワフル。これぞホンモノのプレミアムクーペトヨタ・スープラの兄弟分は走りも「兄弟」?【BMW Z4 M40i試乗】これぞ“最良のボルボ”! 走りも素晴らしい「V60クロスカントリー」上陸!